*

宝石の処理について その3

2016/12/20 | まめ知識

宝石の見た目を向上させる処理、「コンビネーション処理」や「表面コーティング」をご紹介しましたが、これらの他にも「フラクチャー充填」または「キャビティ充填」、「加熱処理」などがあります。

続きを見る

宝石の処理について その2

2016/12/02 | まめ知識

  宝石を人工的に処理するプロセスの第一段階として「漂白」のお話をご紹介いたしましたが、一部の宝石は漂白された後染色されます。これを「コンビネーション処理」と言います。それらの処理が終

続きを見る

宝石の処理について その1

2016/11/08 | まめ知識

人の手によって外観を変化させるために処理された宝石は、常に市場に流通しています。ある意味では、地中で発見されるすべての宝石素材は、宝飾品として使用するために人間の手によって変化を加えられている

続きを見る

カラーダイヤモンドの価値

2016/10/27 | まめ知識

ダイヤモンドの希少性は、価値に直結しています。通常の色の範囲のダイヤモンドでは、無色のダイヤモンドが最も希少であるので、無色(カラレス)であるほど価値が高くなります。通常のカラーの範囲外である

続きを見る

カラーダイヤモンドの歴史

2016/10/13 | まめ知識

世界初のダイヤモンドのカラーグレーディングシステムは、6世紀インドまでさかのぼります。このシステムはインドの階級制度、つまりカースト制度に基づいていました。カーストのメンバーごとに特定の色のダイヤモ

続きを見る

「ホープ・ダイヤモンド」の来歴

2016/09/30 | まめ知識

前回は、ホープ・ダイヤモンドの名前の由来とその歴史についてお話しいたしました。今回は、そこからどのような経緯を経て現在のスミソニアン博物館に所蔵されることになったのかをお話しいたします。 転々と

続きを見る

「ホープ・ダイヤモンド」の伝説

2016/09/06 | まめ知識

「ホープ・ダイヤモンド」の伝説をご存知でしょうか? 宝石がお好きな方なら一度は耳にしたことがある「呪われたダイヤモンド」として名を馳せている、45.50カラットのブルーダイヤモンドです。およそ

続きを見る

物質としてのダイヤモンド

宝石といえば、真っ先に思いつくのはやはりダイヤモンドですよね。 ジュエリーとして名高いダイヤモンドですが、物質そのものとして、各国データも合わせて確認してみましょう。   ダイヤモンド

続きを見る

ダイヤモンドグレード

ダイヤモンドは古くから愛されてきた宝石のひとつです。 その永遠の輝きは衰えません。 ダイヤモンドが常に美しいのは、そのクオリティを守るための基準があるからです。 実はダイヤモンドのク

続きを見る

結婚記念日の名前2

2015/09/24 | まめ知識

ダイヤモンド婚式が可能な御夫婦は、実は案外少ないのではないでしょうか。 物理的にダイヤモンド婚式が[ただできる][可能ではある]というだけでなく、こころから祝福され、互いに大切にし合える御夫婦と

続きを見る

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑