*

模倣宝石2

公開日: : まめ知識

イミテーション、という言葉は聞いたことはありますか?

宝石の代替品に対して使われる言葉ですね。

クリスマスなど大きなイベントの展示品やディスプレイなどに使われていますね。

ed9b9ad4726211c12076b0e8a661f551_s

人造宝石

類似石、または単にイミテーションと呼ばれることも多いです。

ちなみに、宝石の種類や性質(光線の透過、不透過など)を問わず、イミテーションにもっともよく用いられる素材はガラスです。

 

ルビー、サファイア

かつては鑑定技術が未熟だったため、特にルビーは天然スピネルやルベライト(赤いトルマリン)が代用、というよりむしろ誤認された時代が長く続きました。

これらコランダムはベルヌーイ法により格安のコストで合成できるので、類似石はあまり用いられず、合成石で代用されることの方がずっと多いのです。

上述したように、コランダム、中でもルビーはカラット数が大きくなればなるほど、天然石と合成石の価格差が著しく開くので、薄い天然ルビーや天然サファイアの下部に合成ルビーや合成サファイアを張り合わせたダブレットという模造宝石もよく用いられます。

 

ダイヤモンド

ダイヤモンドのイミテーションはダイヤモンド類似石と呼ばれ、その歴史も200年近くさかのぼれます。

用いられた素材もガラス製のラインストーンを振り出しに十数種存在します。

イギリスでは4月の誕生石にダイヤモンドと共に水晶が入りますが、これなどはかつて水晶をダイヤモンドの類似石に用いていた時代の名残です。

しかし現在、市場で見られるのは、ガラスを除けば1960~70年代にかけてダイヤモニア、またはダイアモネアの名で流通したイットリウム・アルミニウム・ガーネット(YAG)と、その後登場したキュービックジルコニア(CZ)のみです。

現在は製造原価が圧倒的に安い(1カラットにつき1ドル)CZがほとんどで、YAGを見る機会はほとんどありません。

 

エメラルド

YAG、翠銅鉱といった類似石がありますが、それらと本物の区別はそれほど難しくはないのであまり用いられません。

むしろ色ガラスやプラスチックに薄い天然石や合成石を貼りあわせたダブレットや、悪質なものには2つの水晶の間に緑のシートを挟んだだけのトリプレットなど模造宝石の方がケースとしては多いのです。

エメラルドの場合、天然石には内部に無数の傷が見られるのに対し、単純な合成石や類似石には傷がないので、一見すると高価な天然石より安い合成石や類似石のほうがずっと美しく見えます。

ただし近年は合成石にも故意に傷や内包物を入れたものがある一方で、天然石にも内部に傷がほとんどない石(非常に高価)があったりするので注意が必要です。

また、同系の緑色のカラーストーンであるが、ずっと安価なペリドットにイブニング・エメラルドの別名を用いることがたびたびあり、事情を知らない人は騙されることがあります。

cf564e157b9e87c22ea5268794ec4583_s

アレキサンドライト

五酸化バナジウムを添加しベルヌーイ法により合成したコランダムやスピネルには、アレキサンドライト同様色変わり効果をみせるものがあり、人造石に用いられます。

こうした色変わり効果を見せるコランダムは天然にも産し、カラーチェンジサファイア等と呼ばれ貴重視されるが、アレキサンドライトほどの価値はありません。

 

オパール

ガラスや樹脂を使用し、干渉膜を表面に形成するもの、封入するもの、底面に印刷したものなど様々なものがあります。

また、ブラック・オパールの類似石としてアンモライトが用いられることがあります。

 

トルコ石

おそらくもっとも古くからイミテーションが存在した石で、その歴史は古代エジプトにまでさかのぼります。

使われる素材もガラス、プラスチック、セラミック、陶磁器、樹脂、焼結合金、他の石(ハウライト)を染めたものなど様々で、もっとも見分けがつきにくいのは、研磨の段階で出た本物のトルコ石の粉末を樹脂で固めたニセモノです。

尚、本物の色の薄い石や脆くて壊れやすい石を染色したり、補強のため樹脂を浸透させた石もかなりありますが、それらは処理宝石扱いとされます。

市中に出回っているトルコ石の90%はこうした類似石、9%が処理宝石で、生粋のトルコ石はわずか1%といった報告もあります。

 

イミテーションは、本物の宝石よりはもちろん安価ですが、美しくデザインされたものはそこに価値があります。

本物の宝石で叶わないサイズはイミテーションで叶えてみるのも良いかもしれません。

 

引用参考:模倣宝石

 

関連記事

ピンクダイヤモンド

世界に広がる日本ブランド「さくらネックレス」

誰もが認める、価値ある品物が世界には存在します。王族、富裕層、トップスターや実業家といったセレブリテ

記事を読む

5819a9a4aa44129c7c8db35adb3247fa_s

ダイヤモンド類似石6

キュービックジルコニアはご存知ですか? 現在、ダイヤモンド風の宝石として浸透してきていますが、

記事を読む

89caeaf0a9f245312b1c72bad36caf24_s

有名な宝石ダイヤモンド1

ダイヤモンドという宝石は、もちろん皆さんご存知かと思います。 では、その中でも有名なダイヤモン

記事を読む

e1e638e0585064dd1a988ab2a79009d4_s

天然宝石の魅力

ダイヤモンドは一部を除いて無色透明ですが、宝石にはさまざまな色がありますよね。 それらはカラー

記事を読む

emerald-1137407_640

カラーダイヤモンドの価値

ダイヤモンドの希少性は、価値に直結しています。通常の色の範囲のダイヤモンドでは、無色のダイヤ

記事を読む

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s

ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これは名前の通り、端的に言えば色の

記事を読む

emerald-1137413_640

宝石の処理について その3

宝石の見た目を向上させる処理、「コンビネーション処理」や「表面コーティング」をご紹介しました

記事を読む

sapphire-ring-2119613_640

次世代のサファイア結晶成長技術

  以前ご紹介した合成宝石についての記事では一般的に見られる合成宝石の種類を

記事を読む

a7bb875ca34daef077c3094bb09c03cc_s

誕生石について

「誕生石」はご存知でしょうか? アクセサリーショップなどではよく見かける名称かと思います。

記事を読む

rock-crystal-1603480_640

宝石の処理について その1

人の手によって外観を変化させるために処理された宝石は、常に市場に流通しています。ある意味では

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑