*

ダイヤモンド類似石3

公開日: : まめ知識

ダイヤモンドの偽物、あなたは肉眼で見抜けますか?

もちろん、あきらかな偽物は皆さんもきっとわかるはず。

しかしながら、正直、プロの方であっても肉眼でわからないレベルの類似石があります。

本物のダイヤモンドを購入する際は、証明書をもらってくださいね。

3dc449b75447083c9f6fb55563a33d41_s

人工合成された類似石

ダイヤモンドに似せた石を人工的に合成する行為は百年以上にわたって行われ続けてきており、こうしたダイヤモンド類似石が示す諸特性値は、技術の進歩により新しく登場したものほど、本物のそれにだんだんと近づいてきています。

こうしたダイヤモンド類似石のほとんどは出現した時期ごとにそれぞれ特徴があり、一時的、または継続的に大量生産されることで今日の宝石業界においてもなお、様々な頻度で出現し続けているのです。

これらはもともと先端技術での使用を念頭において開発されたものであり、そうしたハイテクにはレーザーの発振用媒質、バリスタ、磁気バブルメモリなどがあります。

現在では生産量がきわめて限られるため、古いタイプの類似石を入手するためコレクターはプレミアを支払わねばならないときもあります。

 

18世紀以降

ガラスに鉛、アルミナ、タリウムを混入して屈折率と分散を高める製造法はバロック後期から行われるようになりました。

こうして製造されたガラスはますます光り輝くようになり、新たにカットすれば驚くほど見事なダイヤモンド類似石になりました。

ラインストーン、ペースト、ストラスといった名で知られたこの種のちゃちな類似石は、アンティーク・ジュエリーの世界ではごくふつうに用いられています。

よってこの種の石については、ジュエリー自体に骨董的価値がある場合もありえるので、ガラスだからといって資産価値が著しく落ちるとは限りません。

有鉛化によりガラスが柔らかくなった(モース硬度6以下)ことで、ラインストーンのファセット(カット)面やその縁はより早く丸められ、傷つけられます。

それとともに貝殻状断口、気泡、鋳型の継ぎ目といった特徴が中倍率程度で見つけられるため、ガラス製イミテーションの鑑定は容易なのです。

近代になるとカットではなく成型による模造がごく一般的となりましたが、ファセット面は凸凹で、縁は相変わらずすぐに丸まってしまいます。さらには鋳型に入れられた際についた傷や線が見られます。

張り合わせ石など、ガラスは他の素材と組み合わされイミテーションに用いられることもあります。

367a29196edad45695db763ffb5e279f_s

1900年 – 1947年

数あるダイヤモンド類似石のうち、最初に人造合成結晶として登場したのは無色の合成サファイア(Al2O3、コランダム単結晶)と合成スピネル(MgO・Al2O3、二アルミニウムマグネシウム四酸化物単結晶)です。

この2つは、20世紀最初の10年にベルヌーイ法(火炎溶融法)によりかなりの量が製造されました。

ベルヌーイ法は、経済的であり、最大径9cmまでの結晶を焼成できます。

現在では、ブールはさらにチョクラルスキー法で数キログラムの大きさにまで成長させることができます。

 

サファイアやスピネルは安定した鉱物(モース硬度はそれぞれ9と8)であり、光沢も見事なものですが、本物のダイヤモンドと比較した場合、屈折率がぐっと劣る(サファイアは1.762-1.770、スピネルは1.727)ため、カットを施してもどこか生き生きとしません(サファイアはまた三方晶系であるため複屈折が見られ、真贋の別が容易)。

屈折率が低いということは分散値もまた低い(それぞれ0.018、0.020)わけで、ゆえにブリリアント・カットを施してもダイヤモンドのようなファイアは見られないのです。

にもかかわらず、合成サファイアや合成スピネルは1920年代から1940年代後期にかけてダイヤモンドのイミテーションに広く用いられました。

この2つはまた他の素材と組み合わされイミテーションに用いられることもありました。

合成サファイアには「ダイヤモンデッテ」(Diamondette)「ダイヤモンダイト」(Diamondite)「ジュラードダイヤモンド」(Jourado Diamond)「スリリアント」(Thrilliant)、合成スピネルには「コルンドライト」(Corundolite)「ラスタージェム」(Lustergem)「マグラクス」(Magalux)「ラディアント」(Radiant) といった流通名が付けられています。

 

まさか合成とはいえサファイアがダイヤモンド類似石にあたるとは、驚きますよね。

さまざまな方法で、ダイヤモンドのイミテーションは存在しているのです。

 

引用参考:ダイヤモンド類似石

 

関連記事

6df451f8da304f40cc9e31ec0fa04174_s

有機質宝石とは

宝石はストーン以外にも存在しています。 冠婚葬祭のどちらにもつけられるアクセサリーはどのような

記事を読む

45330c74531d3fa2ba2a8953112aff90_s

宝石の分類

皆さんはどんな宝石をお持ちでしょうか。 ダイヤモンド、ルビー、サファイア。 パワーストー

記事を読む

094c1c7f6491479cfd5ccaae7c2e3ee7_s

ダイヤモンドの宝石言葉ってご存知ですか?

ダイヤモンドの宝石言葉ってご存知でしょうか? パワーストーンにご興味のある方なら、知っていますよね

記事を読む

sapphire-ring-2119613_640

次世代のサファイア結晶成長技術

  以前ご紹介した合成宝石についての記事では一般的に見られる合成宝石の種類を

記事を読む

c5f52db001291efd5eec3b96b7194c39_s

宝石の分類2

皆さんが好きな宝石は、どのような分類になるのでしょうか。 前回もお伝えしましたが、宝石の分類は

記事を読む

071e98b8d418874958e50c69a841d61e_s

ダイヤモンド類似石5

本物のダイヤモンドと偽物のダイヤモンド、見比べてみてください。 友人たちとどちらが本物なのか言

記事を読む

3e5c7c744462d4f48e66523dbe62a19e_s

ダイヤモンド類似石2

ダイヤモンドは非常に硬い宝石ですが、ご存知でしょうか。 壊れることのない宝石、ということで婚約

記事を読む

0665ffe65ff012f8965724afac101cc5_s

有名な宝石ダイヤモンド2

有名なダイヤモンドは数多く存在しています。 中には皆さんが知っているダイヤモンドもあるかと思い

記事を読む

jewel-1809693_640

宝石の処理について その4

高圧高温処理 宝石の見た目を向上させるための加熱処理は様々な宝石に用いられますが、一部のダイヤ

記事を読む

980hope-diamond-new-setting-jpg__760x0_q80_crop-scale_subsampling-2_upscale-false

「ホープ・ダイヤモンド」の来歴

前回は、ホープ・ダイヤモンドの名前の由来とその歴史についてお話しいたしました。今回は、そこからどのよ

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑