*

ダイヤモンド類似石5

公開日: : まめ知識

本物のダイヤモンドと偽物のダイヤモンド、見比べてみてください。

友人たちとどちらが本物なのか言わずにクイズをしてみても面白いですね。

071e98b8d418874958e50c69a841d61e_s

1970年 – 1976年

1970年ごろから、チタン酸ストロンチウムは合成ガーネットとでもいうべき新しい部類のダイヤモンド類似石に置き換えられていきます。

これらはほんとうの意味でガーネットとは言えません。

というのも、天然ガーネットはそのどれもがケイ酸塩鉱物ですが、これらは組成にケイ素を含まないのでむしろ酸化物といえるのです。

しかし天然ガーネットと同じ結晶構造(等軸晶系)を有し、一般的な化学構造式はA3B2C3O12で表されます。

天然ガーネットではCは常にケイ素であり、A、Bには地表にありふれた金属元素数種が入ります。

でも合成ガーネットではそのいずれにも、あるいは一方にあまり馴染みのない希土類元素が入るのです。

これらはラインストーンをのぞき、天然に相当する鉱物が見当たらない唯一のダイヤモンド類似石です。

宝石学的には、これらは合成宝石というより人工宝石と呼ぶ方がふさわしいでしょう。

なぜなら、合成という単語には、自然界にもあるものを人手で組上げる、という意味を含ませてあるからです。

 

人工ガーネットは何種類も人工合成されましたが、実際にダイヤモンド類似石として流通したのは2種だけです。

1種は1960年代終わり頃に登場したイットリウム・アルミニウム・ガーネット(Y3Al5O12、ヤグ (YAG))です。

これらは溶融から結晶生長までチョクラルスキー法、別名結晶引き上げ法により製造され、現在も同法で製造されています。

不活性ガスで満たされた空間にイリジウム製のるつぼを置き、中には酸化イットリウムと酸化アルミニウムを入れ約1,980℃を保つよう注意深く温度を制御し、溶かして混ぜ合わせます。

竿(ロッド)の先に小さな種結晶が取り付けられ、るつぼ内の溶融液表面に種結晶が接触するまで下げられます。

そうすると種結晶の下に溶融液物がつくわけで、このとき液表面の温度は融点ぴったりから下になるよう温度管理をしっかりしなければいけません。

ロッドはその間ずっと回転させながら慎重に引き上げられ、るつぼ内の溶融液は徐々に円柱状のブール結晶へと析出し、同時に成長していきます。

結晶の純度はかなり高く、一度に5cm高、径20cmの結晶9,000カラット (1.75kg) をつくれます。

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s

YAGのモース硬度は8.25と高く、脆くないのもチタン酸ストロンチウムから大きく改善された点だといえるでしょう。

一方で屈折率は1.83、分散値は0.028とかなり低いのですが、ブリリアントカットを施してもはっきりしたファイアが確認でき、輝き具合も良好です。

不純物の添加により得られる色の数はそれこそ無数で、黄や赤、それに模造エメラルドにできるレベルの鮮やかな緑がありました。

流通名はそれこそ無数にありますが、代表的なものは「ダイヤモニア」「ダイヤモネア」(Diamonair)「ダイヤモニーク」(Diamonique)「ジェモネア」(Gemonair)「レプリーク」(Replique)「トリアモンド」(Triamond) です。

 

YAG生産量の急落は、一つには市場が飽和したのがその理由ですが、その一方ですぐに新たなもう1種のダイヤモンド類似石として重要な人工ガーネット、ガドリニウム・ガリウム・ガーネット(Gd3Ga5O12、スリージー (GGG))が登場したこともあります。

製造法はYAGと同じ(ただしGGGの融点は1,750℃)で、屈折率 (1.97) はダイヤモンドにより近くなり、分散値 (0.045) もダイヤモンドにほぼ一致します。

GGGはまた主な宝石と比べても十分に強靭(モース硬度は7)でしたが、原料費がYAGよりかなり高くつき、太陽光もしくは紫外光の曝露により色が次第に黒ずんでくることもまたその普及を阻みました。

これは、もともとGGGが技術分野で新材料として開発されながらも結局は役立たずに終わり、宝石向けに転用された事実を意味しています。

また比重 (7.02) はダイヤモンド類似石、いえ、すべての宝石の中で最大であり、対象の大きさから、それが本物のダイヤモンドであった場合推測できる重さと、実際のそれを比較すれば簡単に見分けがつくことを意味しました。

流通名は「ダイヤモニーク2」(Diamonique II)「ガリアント」(Galliant) などです。

 

ガーネットなのかダイヤモンドなのか、混乱しそうですが、あくまでもダイヤモンド類似石についてのお話でした。

それぞれ流通名がいくつもあるというのが気になりますね。

名前の由来もいずれ確認してみたいものです。

 

引用参考:ダイヤモンド類似石

関連記事

b7590a5a21f88c618835b447099b1c06_s

ダイヤモンドと結婚式2

結婚の象徴になることの多いダイヤモンドという宝石。 大ぶりのダイヤモンドのイメージがある婚約指

記事を読む

9c364e6efa4794d8a458af419114b4b2_s

アクセサリーの種類

宝石を身に着けるとき、あなたはどんなアクセサリーにしますか? 指輪でしょうか、ネックレスでしょ

記事を読む

094c1c7f6491479cfd5ccaae7c2e3ee7_s

ダイヤモンドの宝石言葉ってご存知ですか?

ダイヤモンドの宝石言葉ってご存知でしょうか? パワーストーンにご興味のある方なら、知っていますよね

記事を読む

diamond-316611_640

レアなカラーダイヤモンドの種類

レアカラーダイヤモンド レアなカラーダイヤモンドの中には「バイカラーダイヤモンド(Bico

記事を読む

4d463693859ba01cfe3fa176667e8cdd_s

結婚記念日の名前2

ダイヤモンド婚式が可能な御夫婦は、実は案外少ないのではないでしょうか。 物理的にダイヤモンド婚

記事を読む

c5caf343942590af986283e86b9e3a35_s

ダイヤモンドと結婚式

ダイヤモンドは婚約指輪のイメージがありますね。 結婚指輪にもダイヤモンドをあしらったデザインも

記事を読む

jewel-1809693_640

宝石の処理について その4

高圧高温処理 宝石の見た目を向上させるための加熱処理は様々な宝石に用いられますが、一部のダイヤ

記事を読む

a98a3b0c2860d4d9cd505297ac8222f7_s

ダイヤモンドはどちらに使う?

ダイヤモンドは婚約指輪と結婚指輪、どちらに使用することが多いのでしょうか。 思い描くと、婚約指

記事を読む

0644c5b1be799caac27d301ab458d4c9_s

婚約指輪とダイヤモンド品質

6月もそろそろ終わりに近づいています。 ジューンブライドでしたね。 結婚指輪ももちろん大

記事を読む

8f0a1acc92ab031607a89d8411d098f1_s

結婚記念日の名前

ダイヤモンド婚式、という言葉を聞いたことはありますか? 実は結婚記念日のひとつなのです。

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑