*

ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

公開日: : まめ知識

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。

これは名前の通り、端的に言えば色のあるダイヤモンドのことです。

そんなカラーダイヤモンドにも、類似石があります。

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s

ファンシーダイヤモンドの類似石

珍品と言われるファンシー(カラー)ダイヤモンドにも類似石が存在し、ジルコンがその目的に用いられることもあります。

茶色いジルコンを高温に加熱すると、鮮やかな色に変わることがあるからです。

中でもスカイブルー、ゴールデンイエロー、赤がよく見られます。

ブルージルコンが一番多いですが、この色は決して安定しておらず、長期間紫外光(太陽光に含まれる紫外線帯)に曝すことで褪色してしまいます。

加熱処理はまたジルコンの結晶構造を変化させるので石は脆くなり、また特徴的な内包物が出ます。

 

それとは別のファンシーダイヤモンド類似石は閃亜鉛鉱ですが、この石も相当に脆いのです。

宝石質の石はたいていべっこう色からハニーブラウン、オレンジ、赤、緑といった色が着いています。

高い屈折率 (2.37) と分散値 (0.156) から、宝石としてまこと見事な光沢とファイアを呈し、等軸晶系なので複屈折も見られません。

しかし、この石もまた硬度が低く (2.5-4)、正十二面体の各面に沿ったへき開面を有しており、ジュエリーとして利用されません。

二つのカルシウム含有ガーネット、グロッシュラー(灰礬柘榴石)(通常茶色がかったオレンジ、希に無色透明、黄、緑、ピンク)とアンダライト(灰鉄柘榴石)のがずっと適任です。

後者は(大まかに分けると6種類ある)ガーネットのうちもっとも希少であり、それだけに価値もあります。

その色変わりの3つ、トパゾナイト(黄)、メラナイト(黒)、デマントイド(緑)はときおりジュエリーに用いられます。

とりわけデマントイドは文字通り「ダイヤモンドに似た」という意味で、1868年ウラル山脈での発見以降珍重されてきました。

この石(の使用)はロシアのアンティーク及びアールヌーボージュエリーの特徴として注目されます。

チタン石、別名スフェーンもアンティークジュエリーではよく見かけます。

これは濃淡のある黄緑色を呈し、光沢があり屈折率 (1.885-2.050) と分散値 (0.051) もダイヤモンドに見紛うだけ十分に高いのです。

2fa9308b8e633f6dd1c00616ee329bd2_s

1960年代に発見された深い緑色のツァボライトは、グロッシュラーの色変わりの1つで、これも人気が高いです。

グロッシュラーもアンダライトも等軸晶系であり、比較的高い屈折率(各々1.74、1.89)と分散値 (0.027、0.057) を有しており、デマントイドについてはダイヤモンドの値を超えています。

しかしながら硬度は低く (6.5-7.5)、ダイヤモンドではまず見られない内包物が見られる。

デマントイド中には通称ホーステイルと呼ばれる石綿状の緑閃石が見られますが、これなど顕著な一例といえるでしょう。

さらには、そのほとんどの結晶が小さく、ふつうは重量0.5カラット (100mg) 以下です。

その光沢はガラス質からダイヤモンドに準じたもの、通常漆黒のメラナイトに見られる金属質まで様々で、メラナイトはそれゆえブラックダイヤモンドの類似石に使用されることがあります。

天然のブラックスピネルにも、往々にしてこの用途に適する十分に黒いものがあります。

 

カラーダイヤモンドの類似石を見たことはありますか?

案外、身近にないかもしれません。

見かけたら観察してみてくださいね。

 

引用参考:ダイヤモンド類似石

関連記事

4fece71a3f75ea561e93903f5d09836c_s

ダイヤモンドが注目される、現在の資産運用の4大リスク

時に愛情表現として、そして時には富の象徴として長い年月の間世界中で愛されているダイヤモンド。装飾品と

記事を読む

071e98b8d418874958e50c69a841d61e_s

ダイヤモンド類似石5

本物のダイヤモンドと偽物のダイヤモンド、見比べてみてください。 友人たちとどちらが本物なのか言

記事を読む

45330c74531d3fa2ba2a8953112aff90_s

宝石の分類

皆さんはどんな宝石をお持ちでしょうか。 ダイヤモンド、ルビー、サファイア。 パワーストー

記事を読む

6df451f8da304f40cc9e31ec0fa04174_s

有機質宝石とは

宝石はストーン以外にも存在しています。 冠婚葬祭のどちらにもつけられるアクセサリーはどのような

記事を読む

04f20ea384ef422bf3f627a7f7844fa7_s

ジュエリーお手入れ方法

ジュエリーアクセサリーのお手入れ、きちんと行っていますか? 日々身に付けるアクセサリーは、皮脂

記事を読む

laboratory-1009178_640

合成宝石素材入門

合成宝石とはその名の通り、研究所で人工的に合成製造される宝石素材のことを指します。合成宝石と

記事を読む

c139a97cfd0a3bcf28f7c82622f8db4f_s

貴金属について

アクセサリーに必要なものは、宝石はもちろんですが、貴金属も大切ですよね。 貴金属、ときいてしま

記事を読む

emerald-1137407_640

カラーダイヤモンドの価値

ダイヤモンドの希少性は、価値に直結しています。通常の色の範囲のダイヤモンドでは、無色のダイヤ

記事を読む

ring-2361513_640

日常生活で利用される合成サファイア

合成サファイアは、日常生活でも一般的なものになっています。これは、サファイアの光学的、機械的

記事を読む

be4e5e8d75af8298e759041ce8fef6f7_s

指輪について

ダイヤモンド、ルビー、サファイア、様々な宝石はたくさんのアクセサリーに加工されます。 今回は指

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑