*

ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

公開日: : まめ知識

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。

これは名前の通り、端的に言えば色のあるダイヤモンドのことです。

そんなカラーダイヤモンドにも、類似石があります。

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s

ファンシーダイヤモンドの類似石

珍品と言われるファンシー(カラー)ダイヤモンドにも類似石が存在し、ジルコンがその目的に用いられることもあります。

茶色いジルコンを高温に加熱すると、鮮やかな色に変わることがあるからです。

中でもスカイブルー、ゴールデンイエロー、赤がよく見られます。

ブルージルコンが一番多いですが、この色は決して安定しておらず、長期間紫外光(太陽光に含まれる紫外線帯)に曝すことで褪色してしまいます。

加熱処理はまたジルコンの結晶構造を変化させるので石は脆くなり、また特徴的な内包物が出ます。

 

それとは別のファンシーダイヤモンド類似石は閃亜鉛鉱ですが、この石も相当に脆いのです。

宝石質の石はたいていべっこう色からハニーブラウン、オレンジ、赤、緑といった色が着いています。

高い屈折率 (2.37) と分散値 (0.156) から、宝石としてまこと見事な光沢とファイアを呈し、等軸晶系なので複屈折も見られません。

しかし、この石もまた硬度が低く (2.5-4)、正十二面体の各面に沿ったへき開面を有しており、ジュエリーとして利用されません。

二つのカルシウム含有ガーネット、グロッシュラー(灰礬柘榴石)(通常茶色がかったオレンジ、希に無色透明、黄、緑、ピンク)とアンダライト(灰鉄柘榴石)のがずっと適任です。

後者は(大まかに分けると6種類ある)ガーネットのうちもっとも希少であり、それだけに価値もあります。

その色変わりの3つ、トパゾナイト(黄)、メラナイト(黒)、デマントイド(緑)はときおりジュエリーに用いられます。

とりわけデマントイドは文字通り「ダイヤモンドに似た」という意味で、1868年ウラル山脈での発見以降珍重されてきました。

この石(の使用)はロシアのアンティーク及びアールヌーボージュエリーの特徴として注目されます。

チタン石、別名スフェーンもアンティークジュエリーではよく見かけます。

これは濃淡のある黄緑色を呈し、光沢があり屈折率 (1.885-2.050) と分散値 (0.051) もダイヤモンドに見紛うだけ十分に高いのです。

2fa9308b8e633f6dd1c00616ee329bd2_s

1960年代に発見された深い緑色のツァボライトは、グロッシュラーの色変わりの1つで、これも人気が高いです。

グロッシュラーもアンダライトも等軸晶系であり、比較的高い屈折率(各々1.74、1.89)と分散値 (0.027、0.057) を有しており、デマントイドについてはダイヤモンドの値を超えています。

しかしながら硬度は低く (6.5-7.5)、ダイヤモンドではまず見られない内包物が見られる。

デマントイド中には通称ホーステイルと呼ばれる石綿状の緑閃石が見られますが、これなど顕著な一例といえるでしょう。

さらには、そのほとんどの結晶が小さく、ふつうは重量0.5カラット (100mg) 以下です。

その光沢はガラス質からダイヤモンドに準じたもの、通常漆黒のメラナイトに見られる金属質まで様々で、メラナイトはそれゆえブラックダイヤモンドの類似石に使用されることがあります。

天然のブラックスピネルにも、往々にしてこの用途に適する十分に黒いものがあります。

 

カラーダイヤモンドの類似石を見たことはありますか?

案外、身近にないかもしれません。

見かけたら観察してみてくださいね。

 

引用参考:ダイヤモンド類似石

関連記事

f052a654318123fe6ad8b44b0ad800f0_s

誕生石・宝石言葉とそのカラー

皆さまはご自身の誕生石を知っていますか? 誕生石は、月毎あるいは日毎にあります。 有名な

記事を読む

ed9b9ad4726211c12076b0e8a661f551_s

模倣宝石2

イミテーション、という言葉は聞いたことはありますか? 宝石の代替品に対して使われる言葉ですね。

記事を読む

diamond-123338_640

宝石の処理について その2

  宝石を人工的に処理するプロセスの第一段階として「漂白」のお話をご紹介いたしました

記事を読む

2b7bb4b1d8006819d481fef536f2ef72_s

ダイヤモンド類似石

ダイヤモンドにはさまざまな種類の類似石があります。 ダイヤモンドの模造品とは、どのようなものな

記事を読む

rock-crystal-1603480_640

宝石の処理について その1

人の手によって外観を変化させるために処理された宝石は、常に市場に流通しています。ある意味では

記事を読む

d1888ae26f8bfdeaa2972552e2e74708_s

あなたは大丈夫?!ダイヤモンド詐欺のお話

ダイヤモンドの美しい輝きは、気分を上げてくれたり、疲れを癒してくれたりと、魔法のような力を持っていま

記事を読む

70b4555d49b745f7c7ff79b7917371c4_s

天然宝石の魅力2

前回に引き続き、カラーストーンをご紹介します。 今回は「ブルー系」と「グリーン系」です。

記事を読む

emerald-1137407_640

カラーダイヤモンドの価値

ダイヤモンドの希少性は、価値に直結しています。通常の色の範囲のダイヤモンドでは、無色のダイヤ

記事を読む

8f0a1acc92ab031607a89d8411d098f1_s

結婚記念日の名前

ダイヤモンド婚式、という言葉を聞いたことはありますか? 実は結婚記念日のひとつなのです。

記事を読む

89caeaf0a9f245312b1c72bad36caf24_s

有名な宝石ダイヤモンド1

ダイヤモンドという宝石は、もちろん皆さんご存知かと思います。 では、その中でも有名なダイヤモン

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑