*

ダイヤモンドを持っている人は必見、流通経路のポイント

公開日: : ダイヤモンドの基礎知識

【自然の奇跡 ダイヤモンド】

a1180_009591
ダイヤモンドは、いくつかの自然条件が偶然に重なり、奇跡的に生み出された宝石です。それは、ダイヤモンドの原石が、地下深い150km付近のマグマの中で結晶化して作られたものです。それも何十億年という時間を超えて今を迎えています。
世界中で、その自然界のダイヤモンド誕生条件(大きな結晶化)は、限られた地域にしかありません。その地域が産出国となっています。
【ダイヤモンドが流通する過程】
しかし、ダイヤモンドの産出国が、皆様もご存知のように宝石ダイヤモンド販売国というわけではありません。言わば、それら自然の奇跡を以下の行程を経て流通して行くのです。

  1. 掘削
  2. 一括買い取り
  3. 原石の販売
  4. 研磨
  5. 加工
  6. 販売

いくつかの工程をたくさんの技術者や職人の手により、磨き上げられ、原石は、命と輝きを与えられます。世界各国の技術者・職人の努力で輝きをもった宝石として誕生したダイヤモンドは、最終的に皆様のお手元にダイヤのリングなどとしてお届けできるわけです。
それではこれから、そのような奇跡の宝石「ダイヤモンドの流通」についてご紹介いたします。

スクリーンショット 2014-07-14 15.22.00
【ダイヤモンドの産出】
◆主要産出国で、年間総産出量の約90%
まず、原石を採取します。前述の通り、自然界のダイヤモンド誕生条件(大きな結晶化)は、限られた地域になる為、自ずと主要な産出国も限られてきます。主要な産出国は、以下の通りです。

  • 南アフリカ共和国を中心としたアフリカ大陸
  • オーストラリア
  • カナダ
  • ロシアなど

なんとこれらの主要産出国だけで、世界の年間総産出量の約90%を占めています。

yun_2317
◆殆どの原石はほぼ1社独占体制
そしてほとんどの原石は、南アフリカ共和国のデビアスグループ(De Beers Group)社により一括購入されているのが、現状です。ダイヤモンドの流通価格が下がらず、高い価値を持ち続けているのは、このデビアス社の管理が徹底しているのも大きな一因です。
【column1:デビアスグループとは】
デビアスは1888年3月13日、アルフレッド・バイトらの援助を受け、セシル・ジョン・ローズ が設立しました。
会社の名前は、ヨハネス・ニコラス・デ=ビアとディーデリック・アーノルダス・デ=ビアの、二人のアフリカーナー人農民の農場名に由来しています。オレンジ川とバール川が合流する、ヴールイトツィヒトと呼ばれる地点の付近でダイヤモンドが発見されましたが、兄弟は続いて起こるダイヤモンドのラッシュに農場を維持することができずに、6300フランで農地を売ることになったのです。兄弟は鉱山の所有者にはなれませんでしたが、これらの鉱山のうちの1つは二人に由来して命名されています。セシル・ローズは、ライバルであるバーニー・バルナートのキンバリー鉱山も吸収統合することで圧倒的なシェアを実現しました。
1902年には、デビアス・サッカークラブが、デビアスが南アフリカケープタウン岸と西ケープ州の近くにダイナマイト工場を建設した際に設立します。その工場はローレンス川河口の真西、フォールス湾海岸に置かれました。
20世紀には、オッペンハイマー家が大口株主になり、アーネスト・オッペンハイマー卿、彼の息子ハリー・オッペンハイマーおよび彼の孫ニッキー・オッペンハイマーがそれぞれ会長に就いています。
19世紀後半に南アフリカは“鉱物革命”と呼ばれる迅速な産業化を経験し、金やダイア鉱山での労働者の需要が高まり、キンバリーでは、労働力の大部分はコイコイ人とコサ人の季節労働者によって担われました。彼らは夏に賃金のためにダイア鉱山で働く若者でしたが、彼らは不安定な労働力であること、かつ会社が労働者のダイヤモンドの横領を常に警戒していたこともあり、デビアスは労働者の囲い込みを実施します。契約期間中、坑夫は現地に滞在しなければならない契約をデビアスと結ばされました。白人労働者は街に住むことを認められていましたが、黒人労働者は私製通貨が支給され、宿泊・食事・会社提供の安いモロコシビール等と交換しそれで生活することが要求されました。黒人労働者は週末には街への外出が許可されていましたが、1887年には月曜の朝に二日酔いで出てくる労働者を避けるため廃止されています。
アパルトヘイト時代には、会社には囚人を労働力に使う許可が与えられ、19世紀末までデビアスは10,000人以上の刑務所労働者を毎日使用していたと一説ではされています。
現在、デビアスは米国内の第一の小売拠点をニューヨークに、第二の小売拠点をロサンゼルスのビバリーヒルズ区に置おかれています。

bdd6e64e38a7609dd124854de63ee3e4_s
【ダイヤモンド原石の販売】
ダイヤモンド原石は前述のデビアス社を中心にして販売されます。
そのほとんどは、ベルギーへ送り出されます。原石はそのままベルギーで研磨されるか、もしくはイスラエルなどの国へと研磨に出され、再びベルギーに戻ってくるともいわれています。
日本への原石として輸入は多くはありません。それは、輸入貿易管理令の規制があるため、製品としての輸入が一般的となっています。
【ダイヤモンドの研磨・加工】
ダイヤモンドの原石を、美しく輝かせる為には、研磨・レーザー加工が必要ですが、それらは以下の主要3カ国で施されます。

  • ベルギー
  • イスラエル
  • インドなど

これら主要3カ国により、奇跡の宝石「ダイヤモンド」としての美しい輝きを放ちはじめます。
一説にインドでは、メレと呼ばれる小型のダイヤモンドや、品質に劣るものが多く取り扱われているとされています。

a1530_000137
【column2:メレとは】
メレとは一般的に、0.2カラット以下のダイヤモンドを言います。『メレ』はフランス語で小粒石のことを言います。その他にも、『ごちゃごちゃに混ざった、混雑した』という意味もあるようです。色々なサイズの小粒石ダイヤモンドが
混ざったのを呼びます。

a0002_006864
【ダイヤモンドの販売】
研磨・加工によって「宝石」になったダイヤモンドは、主要な仲買商(輸入業者・宝石商・個人バイヤーなど)によって需要の多い世界中の先進地を中心とした各消費地に向かって販売されていきます。
日本へは、年間約200万~250万ct(約1200億円)ほどの輸入が行われています。

a0002_001041
【宝石・装飾品への加工・販売】
ダイヤモンドに装飾をほどこし、皆さんがご存知のようなリングやイヤリングなどに加工されて販売されるのです。日本では、こうした装飾品へ高いデザイン性のある加工を施し、付加価値がつけられて店頭にならびます。実際には装飾品のみならず、文房具や衣類・楽器・食器などたくさんの実用品にも利用されているものもあります。
このように、ファッション性・デザイン性に優れた付加価値の高い商品を皆様方が購入していていただくという仕組みとなっています。原石は、安価ですが、4C(カラット・カラー・カット・クラリティ)の違いによりダイヤモンドの価値は異なりますが、以上のように付加価値の違いからも大きく価格に差があることが、ご理解いただけたことと思われます。

a0001_016493
◆長い年月をかけて、アナタの手元に届いた奇跡に想いを馳せる
地球が誕生して、46億年と言われています。
この長い年月を費やし、マグマの中から出発し、様々な商品として生まれ変わり・・・。
あなたに出逢うことを夢見ている「輝く奇跡の宝石 ダイヤモンド」は、あなたに出逢った瞬間、一層美しく輝くことでしょう。
想像してみましょう。あなたとの出逢いを待ち続けているダイヤモンドが、いることを・・・。

 

8072639523_3cc626a1ea_b

 

l201210071400

関連記事

a0002_001041

21世紀 ダイヤモンド市場のこれからの展望①

富の象徴とも言われているダイヤモンド、今後の展望を語る前に、まずは今までの歴史を紐解いてみましょう。

記事を読む

the-ocean-green-diamond_1011.df263

知らないと損?!カラーダイヤモンドのお話

●「無色」の価値が高いという固定観念を捨てる 一般的にダイヤモンドを評価する4Cのカラーにおいて、

記事を読む

a423df7dd78046b7d9b4dfcb143d038f_s

ダイヤモンドが電子材料になる!?

将来、あの美しいダイヤモンドが、電力やエネルギーの材料になるかもしれません。 そう聞くと、とて

記事を読む

3b752b02711d5743cac9086ab66dac42_s

ダイヤモンドグレード

ダイヤモンドは古くから愛されてきた宝石のひとつです。 その永遠の輝きは衰えません。 ダイ

記事を読む

3fd9a2d114a87e61ddd5ec460f953e6b_s

カラーダイヤモンドの仕組み

色が付いているダイヤモンドを見たことはありますか? 比較的話題になるのはピンクダイヤモンドでし

記事を読む

a1530_000137

ダイヤモンド、本物偽物のお話(その1)

知らずに後悔しないためのも・・・ 本物:天然ダイヤモンドvs.合成ダイヤモンド 1950年

記事を読む

hope

21世紀 ダイヤモンド市場のこれからの展望②

前回のコラムでお伝えしたように、今のダイヤモンド市場は21世紀の新たな仕組みに向け、世界を舞台に歴史

記事を読む

7a86e93f1e15dab4a36b58f3d4d19a9f_s

物質としてのダイヤモンド

宝石といえば、真っ先に思いつくのはやはりダイヤモンドですよね。 ジュエリーとして名高いダイヤモ

記事を読む

a0001_016493

ダイヤモンド、本物偽物のお話(その2)

簡単な鑑別方法として   1、よく見てみれば・・・ 「本物、偽ダイヤ。輝きの違い

記事を読む

SWITZERLAND-AUCTION-DIAMOND-FILES

ダイヤモンドの歴史から学ぶ、変化する価値基準の重要性

<時代と共に変化してきた、ダイヤモンドの価値> 美と富の象徴として、女性を中心に多くの人々を魅了し

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑