*

変化?女性らしいダイヤモンドとの付き合い方

公開日: : 最終更新日:2014/07/31 まめ知識

「宝石の王様」とも呼ばれるダイヤモンド。はるか遠い時代から地球が大事に育ててきた、神様からの贈り物です。特に女性にとって、ダイヤモンドは憧れの詰まった宝石と言えるでしょう。お誕生日や成人式など、大切な記念日に。また、特別な想いの象徴-愛の証の婚約指輪として。大切な方からのプレゼントは格別なものに違いありません。ダイヤモンドの輝きは長い間、そして現代になり、ますます世の多くの女性を魅了しています。

l201210071400

価値あるダイヤモンドを、ファッションとして楽しむ

ダイヤモンドなどのファインジュエリーは、好みやファッションの移り変わりに合わせ、常に敏感に反応してきました。それでも、今ほどそれがはっきりと現れている時代はありません。そう言えるのはなぜでしょうか?答えは、自分自身のためにジュエリーを買ったり選んだりする女性が増えたからです。今を生き抜く女性たちが求めているのは、シャープでモダンなデザインに、軽い遊び心のある、彩り豊かで華やかな女性らしいジュエリーです。

時代の流れから変化している女性の心理

そのような女性が増えている最大の理由。それは女性が男性に頼らず、経済的な自立を成し遂げられたことにあります。あと10年も経たないうちに、消費のパワーにおいて女性が男性をしのぐことになると言われています。そう、女性たちは、特別な記念日をお祝いしたり、折にふれて、あるいは頻繁に、自分へのご褒美としてダイヤモンドを贈ったりすることに喜びを感じているのです。このような世の中の変化は、女性がダイヤモンドを贈ってくれる特別な男性を待たなくなっていることを表しています。結婚は急がずに、素敵な男性が現れるまでは自分で購入したダイヤモンドを思う存分楽しむのです。今から思うととても考えられないことですが、かつては、女性が自分のためにジュエリーを買うことはタブーとされていました。しかし今日では、それはごく普通のことになっています。

8310571146_fff4b4cd10_b

その変化は、ジュエリーデザインにも影響を及ぼす

このような変化は、デザインにも影響を及ぼしています。ファッションでのトレンドがファインジュエリーコレクションのデザインを左右し、大きな石のカクテルリングやステートメントピース、ペンダントやバングル、そしてブレスレットの重ねづけなどの流行は、すべてファッションショーのトレンドから生まれたものなのです。しかし、女性たちが参考にしたいスタイルは、レジンやクリスタルではなく、ゴールドやダイヤモンドの価値あるアイテムです。ゴールドやダイヤモンドのペンダントを、他のゴールドチェーンと組み合わせて煌めかせてみたり、タリスマンバングルを、別のカフスやリストバンドと重ねて楽しんだりしています。とは言っても、ファッションがジュエリーのデザインに影響を与えてきた一方で、女性が流行に動かされないジュエリーを買うことも珍しいことではありません。生涯にわたって身に着けることができ、さらに次世代に受け継ぐこともできる、時代を超えた宝物を選んでいるのです。

6305483153_6db475602a_b

お気に入りのダイヤモンドを選び、日常に取り入れて楽しむ

ダイヤモンドの透明な輝きと強さ。それは宝石の中の宝石と言えるものであり、だからこそ、ダイヤモンドとエンゲージメントリングやエタニティリングは密接な結びつきを持っています。輝きが失われず傷つかないため、その価値は何十年、何百年と時が流れても決して変ることはないのです。奇跡ともいえるダイヤモンド、この宝石の価値の普遍性と身にまとう時の幸せ-結婚などの記念品として用いられる大きな理由はそこにあります。今やダイヤモンドはそれらを超越し、愛やロマンス以上のものを象徴しています。歴史を通じて、ダイヤモンドは清らかさや強さ、美や権力のシンボルとして尊ばれてきました。お気に入りのダイヤモンドジュエリーを自分で手に入れることができる現代女性にとっては、自立という、自らの成功に酔いしれる象徴とも成り得るのです。

多様化する、ダイヤモンドの楽しみ方

他にも、様々なダイヤモンドの楽しみ方があります。例えば、ファインジュエリーへのアプローチは90年代に大きな変化を遂げました。ファッション界ではミニマリズムが主流となり、シンプルなクロスペンダントやスタッズイヤリング、またはスマートでシックなデザインのブレスレットなど、非常に控えめなデザインがもてはやされ、ファインジュエリーに対する考え方まで変えていきました。かつてはダイヤモンドと言えば、夜にしか用いないものでしたが、90年代に格式やシーンにこだわらない非常にモダンな生き方が浸透したことで、時を選ばずにダイヤモンドを身に着けることがとてもおしゃれなこととして認められたのです。高価なダイヤモンドはもはや、ディナーの席でだけ使うものではなく、いつでも好きなものと合わせて楽しめるものになりました。麻のシャツにショートパンツ、または白いTシャツにブルージーンズと言った何気ない服装の時、カジュアルに無造作にダイヤモンドを身に着ける。なんてスタイリッシュな組み合わせでしょう。テニスブレスレットやスタッズイヤリングのようなクラシックジュエリーは、ラフな日常着でもイブニングドレスと同じように合わせて、さりげなくそして気軽にダイヤモンドを楽しむことができます。シンプルな装いにあなたらしい輝きが光る贅沢。それこそが何よりおしゃれなのではないでしょうか。

7c3c94971321540979425dc0597199f6_s

現代女性にとって、ダイヤモンドとは『自分の象徴』

かのフランス皇帝ナポレオンは、ダイヤモンドこそ「征服されざるもの」-すなわち自分自身を象徴する宝石であるとして、大事にしていました。このように特別な力があると信じられていたダイヤモンドを、美しいものを愛する女性が自分のジュエリーコレクションのために選ぶひととき。幸せに生きる女性やダイヤモンドを扱うプロフェッショナルからアドバイスを頂いて選ぶのも、ふと立ち寄ったお店で感性に任せるままビビっときたものを選ぶのも、この上ない至福の時間です。シンプルで、非常に美しい理想のジュエリーは、お気に入りのリトルブラックドレスと同じように、時を選ばずいつでも楽しめる良きパートナーとなることでしょう。ダイヤモンドはそれだけでも価値があり、身に着ける女性を華やかに彩り、魅力を最大限に引き出してくれます。
自分でチョイスしたダイヤモンドは、さらに人生の輝きを増す女性の味方となり、美しく価値ある存在へと高め、モダンライフのための美しいよろいとなることでしょう。使えば使うほど豊かな表情を見せるダイヤモンドは、まさにあなたにとっての最高の友人、ハッピージュエリーとなるに違いありません。

参照:
【婚約指輪】元宝石店員が解説する「指輪の定番デザイン」
【基礎から】KATSUKI「ダイヤモンド豆知識」「アクセサリー」

関連記事

980hope-diamond-new-setting-jpg__760x0_q80_crop-scale_subsampling-2_upscale-false

「ホープ・ダイヤモンド」の来歴

前回は、ホープ・ダイヤモンドの名前の由来とその歴史についてお話しいたしました。今回は、そこからどのよ

記事を読む

23db8b85d1d2dd25106f157899e459f3_s

模倣宝石

宝石には、本物と偽物があります。 とはいえ、一言に偽物と言っても、種類によってその出来栄えはま

記事を読む

2ae4bf805a7244f0e4b294a358958204_s

ブレスレットについて

ブレスレットは指輪やネックレスと比べると、もしかしたら馴染みがないアクセサリーかもしれません。

記事を読む

a98a3b0c2860d4d9cd505297ac8222f7_s

ダイヤモンドはどちらに使う?

ダイヤモンドは婚約指輪と結婚指輪、どちらに使用することが多いのでしょうか。 思い描くと、婚約指

記事を読む

094c1c7f6491479cfd5ccaae7c2e3ee7_s

ダイヤモンドの宝石言葉ってご存知ですか?

ダイヤモンドの宝石言葉ってご存知でしょうか? パワーストーンにご興味のある方なら、知っていますよね

記事を読む

9c364e6efa4794d8a458af419114b4b2_s

アクセサリーの種類

宝石を身に着けるとき、あなたはどんなアクセサリーにしますか? 指輪でしょうか、ネックレスでしょ

記事を読む

ed9b9ad4726211c12076b0e8a661f551_s

模倣宝石2

イミテーション、という言葉は聞いたことはありますか? 宝石の代替品に対して使われる言葉ですね。

記事を読む

41020-01-640

「ホープ・ダイヤモンド」の伝説

「ホープ・ダイヤモンド」の伝説をご存知でしょうか? 宝石がお好きな方なら一度は耳にしたことが

記事を読む

emerald-1137407_640

カラーダイヤモンドの価値

ダイヤモンドの希少性は、価値に直結しています。通常の色の範囲のダイヤモンドでは、無色のダイヤ

記事を読む

diamond-316611_640

レアなカラーダイヤモンドの種類

レアカラーダイヤモンド レアなカラーダイヤモンドの中には「バイカラーダイヤモンド(Bico

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑