*

基礎知識として押さえておきたいダイヤモンドの品質を見る4つのポイント

公開日: : 最終更新日:2015/02/09 ダイヤモンドの基礎知識

貴方が今お持ちになっているダイヤモンドの本当の価値がどのぐらいか、ご存知でしょうか。

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

これから買おうとしてる方、いまお持ちのダイヤモンドを売ろうとされている方、行動に起こす前にダイヤモンドの品質はどのような基準で決まるのか、是非基礎知識として知っておいて下さい。

今お手元にある、これから購入されようとしてるダイヤモンドは、アナタの大切な資産です。ダイヤモンドの品質の見方を知っておく事はとても大切なのです。

ダイヤモンドの評価基準となる「4C」
経験の豊富な方では無い限り、ご自身の目でダイヤモンドの品質を見極めるのはとても難しいものです。但し評価基準となる「4C」を基礎知識として押さえておけば安心です。

「4C」とはダイヤモンドの品質等を評価する基準4つの要素のことで、カラット(CARAT)・カラー(COLOR)・カット(CUT)・クラリティ(CLARITY)の各要素の頭文字に「C」がつくことから「4C」と呼ばれています。

「4C」は、専門家がダイヤモンドの特徴を比較し、価値を厳密に定めるための基準です。
一般的に「4C」でグレードが上がると、稀少性が高くなるとされていますが、価値を見比べる時に同じグレードの要素が1つあったとしても、他の3つの要素のグレードの違いによりその価格は変わってきます。
各要素とグレードを知ることは、ダイヤモンド選びには欠かせません。
「4C」を構成する4つのキーワード 基礎的な基準は、以下の4つのポイントで評価されます。

【カラー(COLOR)】
【カット(CUT)】
【クラリティ(CLARITY)】
【カラット(CARAT)】

それでは一つずつ詳しく見て行きましょう。

【カラー(COLOR)】ダイヤモンドそのものの美しさを判断する
ダイヤモンドの色をカラーで評価しています。カラーはアルファベットのDからZで表されます。
ちなみに最も価値が高いとされる「無色」がダイヤモンドの美しさの頂点とされ、最高評価のDとなります。
黄色が帯びてくるとE、F、G…と評価が下がっていき、同時に価格も下がっていきます。もちろん最高評価の無色が良いとされますが、ある一定以上の色がしっかりとついていると、ファンシーカラーとして価値が上がったりするケースも稀にあります。

スクリーンショット 2014-05-09 16.25.01

【カット(CUT)】ダイヤモンドの命とも言われるプロポーションを評価する
理想のプロポーションとされる「エクセレント・カット」は、ダイヤモンドの原石が秘めた輝きを最高度に引き出すために、テーブル面からの入射光のほとんどを反射させ、持っている最大の輝きを放つように工夫されたカット法です。このカットは、ダイヤモンドのカット法の中でも最上級の技法とされ、受けた光を100%に近く反射させる理想的な技術で高度な技術を習得した者のみが生み出せる価値ある美しさとされます。

スクリーンショット 2014-05-09 16.25.13

【カラット(CARAT)】宝石そのものの重量を表す
「○○カラットの大きなダイヤモンド」という言葉を耳にしたことはありませんか?一般の方にはカラットを「大きさ」や「輝き」の単位と勘違いされているケースも少なくありません。
カラットの正しい意味は「重さ」を表す単位です。カラットは、「__ct」と表示され、1ct=0.200gで、1gは5ctとなります。
電子デジタルの天秤を用いて千分の1カラットまで正確に測定し、少数第3位を8捨9入、もしくは第3位まで表示します。
原石の大部分は1ct未満の小さなものばかりですので、大粒の原石は、とても稀少です。
カットするとさらに小さくなることも考えると、大きければ大きいほどその価値は上がっていきます。ダイヤモンドは小粒でも重量があるので、他の宝石類と比較すると同じ重量でも小さくなります。

スクリーンショット 2014-05-09 16.25.23

【クラリティ(CLARITY)】透明度を評価する
ダイヤモンドは地下深くでゆっくり成長します。その際に周囲の母岩の一部や小さな他の鉱物決勝などを取り込みながら大きくなっていきます。これらの存在こそが「天然石」としての証拠と言えますが、輝きを損なうので内包物が少ないほど良質のダイヤモンドという評価になります。

ダイヤモンドに限ったことではありませんが、火山層の力で炭素が圧縮されてできるものなので、その際結晶内に亀裂や気泡などが入ってしまうわけです。その状態でイレギュラーな衝撃が何らかの要因で入ったりすると、内部の元々あった傷が更に広がったり、最悪の場合割れてしまうということもあります。ダイヤモンドはクリページという特徴があり、一定方向の力に極端に弱いという性質もあるのです。 ダイヤモンドは一見して全てが無傷透明に見えますが、顕微鏡で内部を覗くと、インクルージョン(内包物)が入っていたり、外側に傷や欠けなどが見えます。インクルージョンや傷、欠けがダイヤモンドのどこにあるのか、大きいのか小さいのかによってクラリティの評価が決まります。

スクリーンショット 2014-05-09 16.25.33

全てを求めず、まずは基礎となる知識を押さえる

9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_s

以上がダイヤモンドを評価する上での基本的なポイントとなります。ダイヤモンドは非常に見極めが難しいとされていますが、基本的なポイントをまず押さえることで、大切な財産を守る一つの道標になります。

購入や売却をする際には、ご自身でもしっかりと価値を判断した上で行動することが大切なのです。

関連記事

SWITZERLAND-AUCTION-DIAMOND-FILES

ダイヤモンドの歴史から学ぶ、変化する価値基準の重要性

<時代と共に変化してきた、ダイヤモンドの価値> 美と富の象徴として、女性を中心に多くの人々を魅了し

記事を読む

a0001_016493

ダイヤモンド、本物偽物のお話(その2)

簡単な鑑別方法として   1、よく見てみれば・・・ 「本物、偽ダイヤ。輝きの違い

記事を読む

8078caf375d32252379ffc08a7e0cb58_s

ダイヤモンドの歴史と品質

ダイヤモンドはいったいいつごろ発見されたのでしょうか。 皆さんはご存知ですか? &nbs

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s

ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモンドの物質としての特性を確認し

記事を読む

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s

4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょうか? ダイヤモンドの鑑

記事を読む

a423df7dd78046b7d9b4dfcb143d038f_s

ダイヤモンドが電子材料になる!?

将来、あの美しいダイヤモンドが、電力やエネルギーの材料になるかもしれません。 そう聞くと、とて

記事を読む

a0002_001041

21世紀 ダイヤモンド市場のこれからの展望①

富の象徴とも言われているダイヤモンド、今後の展望を語る前に、まずは今までの歴史を紐解いてみましょう。

記事を読む

a1530_000137

ダイヤモンドを持っている人は必見、流通経路のポイント

【自然の奇跡 ダイヤモンド】 ダイヤモンドは、いくつかの自然条件が偶然に重なり、奇跡的に生

記事を読む

ArgylePink

ダイヤモンドをより美しく魅力的に・・・研磨の秘密

ダイヤモンドの研磨について 第二次世界大戦以前までは、ダイヤモンドの研磨工業は、ベルギーのアントワ

記事を読む

3fd9a2d114a87e61ddd5ec460f953e6b_s

カラーダイヤモンドの仕組み

色が付いているダイヤモンドを見たことはありますか? 比較的話題になるのはピンクダイヤモンドでし

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑