*

知らなければ後悔する 「カラーダイヤモンドの価値」その2

公開日: : 最終更新日:2016/06/15 ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドといっても、いろいろな価値の違いがあります。
特にカラーダイヤモンドは、その稀少価値に驚きを隠せません。そのため、高額な取り引きの中心になる場合も珍しい現象ではありません。

・カラーダイヤモンドの種類について

  1. ピンクダイヤ
  2. レッドダイヤ
  3. オレンジダイヤ
  4. イエローダイヤ
  5. グリーンダイヤ
  6. ブルーダイヤ
  7. バイオレットダイヤ
  8. パープルダイヤ
  9. ブラウンダイヤ
  10. ホワイトダイヤ
  11. グレーダイヤ
  12. ブラックダイヤ
  13. カメレオンダイヤ
  14. バイカラーダイヤ
  15. レアーダイヤ

No.6 ブルーダイヤモンド
●最も高い評価を受けるのは、「レッドダイヤモンド」と並んで「ブルーダイヤモンド」といわれています。世界中でほとんど、採掘されていません。
市場にもほとんど流通せず、出たとしても、とてつもない高額な価格がついていることで驚くことでしょう。
●もし、1カラット以上のナチュラルブルーダイヤをどこかの宝石店(博物館)などで見かけたら、二度とお目にかなわないかもしれないのでしっかり見て欲しいものです。

稀少すぎるぐらい採掘されることが、奇跡的なできごとです。
2009年には9億1000万円で取り引きされています。
Fancy Vivid Blue (7.03carat.IFclarity.)

No.7 バイオレットダイヤモンド
●バイオレットダイヤモンド(ヴァイオレットダイヤモンド)もやはり超稀少です。レッドダイヤモンドとほとんど同じくらい稀少です。
●時々「パープルダイヤ」と「バイオレットダイヤ」とどう違うのか?とたずねられますが、色の違いで言うと「パープルダイヤ」は「赤紫」、「バイオレットダイヤ」は「青紫」となります。

No.8 パープルダイヤモンド
●パープルダイヤモンドもレッドダイヤに勝るとも劣らないカラーダイヤです。
●紫色に見えても鑑定結果は「ピンク」ダイヤになったり、色が濃く見えると「ディープ」ではなく「ブラウニッシュ」と評価されたりする可能性もあります。

No.9 ブラウンダイヤモンド
●ブラウンダイヤモンドはイエローダイヤ同様、産出量も多く、比較的安価に入手することができるカラーダイヤモンドの一つです。
●「ブラウンダイヤ=安価だから粗悪品」ではないということです。
●最高級の色合いのブラウンダイヤは「コニャックダイヤ」などと称賛され、コレクターの中でも人気のダイヤです。
●またブラウンダイヤはないですが、色が濃く見えるカラーダイヤの場合、「Fancy Deep ○○」などでなく、「Fancy Brownish ○○」と鑑定される場合が良くあります。
●どうしても日本人は「ブラウン」が付くと敬遠する傾向がありますが、鑑定結果でありますので自分が気に入れば問題ないと思います。

No.10 ホワイトダイヤモンド
2013年 香港のオークションにて、史上最高の30億円で落札されました。
118 caratのホワイトダイヤモンドを3060万ドルでアジア人が落札したもようです。
ちょうど卵大くらいの大きさだったようです。

No.12 ブラックダイヤモンド
●ナチュラル(天然)のブラックダイヤモンドも稀です。黒くなった原因は、暗色の微細な含有物があるためだと言われてます
●カーボンと呼ばれる黒色の内包物などが大小、大量にあるため、見た目に黒く見えます。ほとんどの場合、不透明となっています。

No.13 カメレオンダイヤモンド
●このようなお話があります。アメリカの宝石店主がヨーロッパのダイヤモンドディーラーにオリーブ色のダイヤを注文しました。荷物が届いて中のダイヤモンドを見たらイエローダイヤが入っていた。
そこでアメリカの宝石店主が「イエローダイヤが入っていた」と文句を言ったら、ヨーロッパのディーラーは「いや間違いなくオリーブ色のダイヤを入れて発送した」と引き下がらない。
そこでよく調べてみたら、何と色が変わるダイヤモンドだった。色が変わるなんて・・・。
●1943年、2.24ctのダイヤモンドとのことです。光をあてたときにブロンズ色から緑色に変化し、C.A.Kiger社によってカメレオン・ダイヤモンドと名付けられました。
●カメレオンダイヤの定義は、全国宝石学協会によると、『ある期間(例えば一晩中)暗所に保管した場合や緩やかな加熱( アルコールランプなどで200℃~300℃程度)によって一時的(数秒から数分)に変色するダイヤモンド』と定義されるようです。
●色が変わるので有名な宝石は「アレキサンドライト」ですが、アレキは光源(光の波長)によって変色しますが、カメレオンダイヤは、温度と光によって変わるのがほとんどです。
●一般的なカメレオンダイヤは、常温でオリーブグリーン~グリーングレー系の色をもち、加熱後は淡いレモン色~オレンジイエローの色調を持つと言われています。
●もちろん、ダイヤによって大きく変色するものもあれば、それほど変化しないものもいろいろ様々です。
●時に稀ですが『リバース・カメレオンダイヤモンド』と呼ばれるカメレオンダイヤも存在します。通常状態でイエロー系の色調を持ち、加熱後オリーブグリーン系に変色するタイプです。通常のカメレオンダイヤとは逆の変色の仕方をしますので『リバース』と名づけられたようです。
カラーダイヤモンドの稀少さと、その価値について少しご理解いただけたものと存じます。
あなたの金銭的な財産ばかりでなく、心の財産ともなるものだと信じています。大切にしてください。

 ピンク、ブルーなどのカラーダイヤモンドご購入をお考えの方へ 

関連記事

ArgylePink

ダイヤモンドをより美しく魅力的に・・・研磨の秘密

ダイヤモンドの研磨について 第二次世界大戦以前までは、ダイヤモンドの研磨工業は、ベルギーのアントワ

記事を読む

bdd6e64e38a7609dd124854de63ee3e4_s

ダイヤモンドを売却する3つの方法

いまお手持ちのダイヤモンドを売りに出したいと思ったとき、貴方はどのような方法で売却しますか? ダイ

記事を読む

a1530_000137

ダイヤモンドを持っている人は必見、流通経路のポイント

【自然の奇跡 ダイヤモンド】 ダイヤモンドは、いくつかの自然条件が偶然に重なり、奇跡的に生

記事を読む

a1530_000137

ダイヤモンド、本物偽物のお話(その1)

知らずに後悔しないためのも・・・ 本物:天然ダイヤモンドvs.合成ダイヤモンド 1950年

記事を読む

hope

21世紀 ダイヤモンド市場のこれからの展望②

前回のコラムでお伝えしたように、今のダイヤモンド市場は21世紀の新たな仕組みに向け、世界を舞台に歴史

記事を読む

天然ピンクダイヤモンド

世界中で愛されるピンクダイヤモンドの秘密

世界中の女性たちの永遠の憧れ、ダイヤモンド。本来無色透明のダイヤモンドですが、中にはブルーダイヤモン

記事を読む

7a86e93f1e15dab4a36b58f3d4d19a9f_s

物質としてのダイヤモンド

宝石といえば、真っ先に思いつくのはやはりダイヤモンドですよね。 ジュエリーとして名高いダイヤモ

記事を読む

l201210071400

お忘れではありませんか? SWEET10(TEN)DIAMOND 

思いだしてください。ご結婚されてから、ご多忙な毎日に追われて、あっという間に10年という日々が、過ぎ

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s

ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモンドの物質としての特性を確認し

記事を読む

3fd9a2d114a87e61ddd5ec460f953e6b_s

カラーダイヤモンドの仕組み

色が付いているダイヤモンドを見たことはありますか? 比較的話題になるのはピンクダイヤモンドでし

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑