*

やさしいダイヤモンド

公開日: : まめ知識

ダイヤモンドは、大きさはともかく比較的身近にある宝石ですよね。

冠婚葬祭用に、パールを持っていらっしゃる方も多いかもしれませんが……。

宝石の中では、パールとダイヤモンドは定番中の定番です。

ダイヤモンドは、ルビーやエメラルドといった好みの分かれる宝石ではありません。

定番になる宝石は、総じてとてもシンプルです。

今でこそ様々な色合いがありますが、定番メインカラーは無色透明。または純白。

どちらも穢れのない、清廉な美しい宝石です。

ダイヤモンドは、年齢問わず人々から好まれています。

 47ade1a4aa9b8880425812a94e49b241_s

そんなダイヤモンドに、実はやさしい効能がいくつもあるのです。

 

まずは美容面。

皮膚の色がくすんで見える、元気なのに具合が悪く見える、気持ちに張りがない、気分が落ち込んでいる、お化粧のノリがいまいち……なんてこと、ありませんか?

女性の美容・健康には、悩みが尽きません。

ダイヤモンドの効果のひとつとして、顔の色艶が良くなる、ということがあります。

 

心身の浄化。

精神的、肉体的に強くなれる。

論理的な思考へ導く。

自信と勇気をもたらす。

潜在能力の開花。

オーラを強める。

勝負事に強くなる。

 

上記のように、ダイヤモンドにはたくさんの効果があります。

さまざまなシーンで、私たちをサポートしてくれるのです。

ただし、ターコイズはダイヤモンドのパワーを吸収するため、一緒に使ってはいけません。

 

ダイヤモンドの体の症状への効果

神経、脳、感覚器官、腎臓、膀胱、胃、糖尿病、痛み、精神錯乱、新陳代謝、抵抗力、黄疸、卒中、老化防止、ホルモン分泌線、便秘、冠状動脈、眼の病気、耳鼻科、喘息、不妊症、酒酔い、ヘルニア、肺、美肌ほか

 3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

精神面、肉体面ともに安定することにより、気になるお肌の調子や体調が良くなりますよね。

女性を支えるホルモンバランスはとても大切です。

 

また、ダイヤモンドは強いお守りにもなります。

 

目標を実現するために非常に強力にサポートしてくれる。

敵に打ち勝つ効果がある。

非常に強いエネルギーを持ち、不運や邪悪なものから身を守る最強の護符になる。

ただし、邪悪な気持を持っていると、効果は失われてしまいます。

絆を強める。

 

上記のように、ダイヤモンドには非常に強いパワーが宿っています。

おしゃれな女性は、毎日同じアクセサリーを付けるのに抵抗があると思います。

ですのでお守りのように、いつもバックなどに忍ばせておくと良いかもしれませんね。

しかしお守りだとすると、一年に一回は変えなくてはなりません。

ダイヤモンドは高価です。

この問題を解決する方法をお伝えします。

 

浄化しましょう。

マイナスエネルギーを吸収したダイヤモンドは、パワーが弱くなります。

これは他のパワーストーンないし所謂お守りも同様です。

パワーストーンがお守りと違う部分は、浄化が可能である、ということです。

浄化といっても、大々的な儀式が必要というわけではありませんのでご安心を。

自宅で簡単に、ダイヤモンドを浄化できます。

 

ダイヤモンドの浄化方法

水、太陽、月、水晶クラスター、お香、塩、土・砂、エッセンスなど

 

上記から、とくに身近なものを抜粋してお伝えします。

 871af2d7f8071c62e0e4c354ddb58337_s

  • 水で洗う。

ゴシゴシ洗ってはいけませんよ。宝石が流れないように気をつけてください。

水を溜めて洗うのであれば、数回水を替えながら行ってくださいね。

また、その後サビないようにしっかりと水気を拭ってください。

 

  • 太陽と月の光にあてる。

夜寝る前に、窓辺にそっと置いておきましょう。月の光も太陽の光も、どちらも吸収してくれます。

窓辺が綺麗なことが必須です。窓自体もお掃除しましょう。

また、汚れのないハンカチなどの上に宝石を置きましょう。出来るだけ白色の布が望ましいです。

 

  • 塩をふる。

可能であれば、塩に漬けると良いです。サビないように気をつけてください。

あとは塩が原因で、傷にならないように細心の注意を払ってくださいね。

 

こうしてみると、一番手軽なのは太陽と月の光に当てること、でしょうか。

浄化することにより、本来のダイヤモンドのパワーが復活すると伝えられています。

もし、よく使うアクセサリーにダイヤモンドがあるのなら、一度試してみても良いかもしれませんね。

 

 

参考引用サイト様 パワーストーン辞典

関連記事

2b7bb4b1d8006819d481fef536f2ef72_s

ダイヤモンド類似石

ダイヤモンドにはさまざまな種類の類似石があります。 ダイヤモンドの模造品とは、どのようなものな

記事を読む

19863f72812526d662718592c565e36e_s

誕生石の逸話:9月~12月

誕生石にはひとつひとつ物語や人々の思いが込められています。   1月の誕生石は

記事を読む

23db8b85d1d2dd25106f157899e459f3_s

模倣宝石

宝石には、本物と偽物があります。 とはいえ、一言に偽物と言っても、種類によってその出来栄えはま

記事を読む

diamond-1839031_640

宝石の処理について その5

  レーザードリリング レーザードリリングは、ダイヤモンドのクラリティを改善す

記事を読む

3e5c7c744462d4f48e66523dbe62a19e_s

ダイヤモンド類似石2

ダイヤモンドは非常に硬い宝石ですが、ご存知でしょうか。 壊れることのない宝石、ということで婚約

記事を読む

b7590a5a21f88c618835b447099b1c06_s

ダイヤモンドと結婚式2

結婚の象徴になることの多いダイヤモンドという宝石。 大ぶりのダイヤモンドのイメージがある婚約指

記事を読む

d8a8c930de9cb38af904a7d35a1f72c0_s

有名な宝石たち

世界にはたくさんの宝石が存在しています。 そのたくさんの宝石の中でも、大きさや歴史的エピソード

記事を読む

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s

ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これは名前の通り、端的に言えば色の

記事を読む

071e98b8d418874958e50c69a841d61e_s

ダイヤモンド類似石5

本物のダイヤモンドと偽物のダイヤモンド、見比べてみてください。 友人たちとどちらが本物なのか言

記事を読む

70b4555d49b745f7c7ff79b7917371c4_s

天然宝石の魅力2

前回に引き続き、カラーストーンをご紹介します。 今回は「ブルー系」と「グリーン系」です。

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑