*

ダイヤモンドと4Cの秘密

公開日: : ダイヤモンドの基礎知識

美しいダイヤモンドには、どれだけの価値があるのでしょうか。

a7a07cf68845955bbc12fdbfa4a0777a_s

ダイヤモンドは、まず見た目がどれだけ美しいかによって価値が決まる……というわけではありません。

もちろん見た目も大切ですが、それだけでなく、ある基準をクリアして初めて、価値のあるダイヤモンドといえるのです。

ダイヤモンドの品質は、「4C」と呼ばれる基準によって成り立っています。

4Cとは、

 

  • 色(カラー)
  • 透明度(クラリティ)
  • 重さ(カラット)
  • 研磨(カット)

 

以上の、4つのCのことです。

なお、重量(カラット)以外は、アメリカの宝石学教育機関GIAが独自に開発したものです。

国際的には、この4C評価が基本的に利用されています。もちろん日本でも、この4C評価が利用されています。

さて、それぞれの「C」について述べていきます。

 

色(カラー)

マスターストーン(基準石)を基に判定される。無色に近いほど高い評価がされる。逆に、イエローがかっているものほど評価が下がる。

ただし、ダイヤモンドはイエロー、ピンク、ブルー等のファンシー・カラー・ダイヤモンドもあり、それらの色が無色以上に高く評価される場合もある。

D、E、F…Zという記号で表わされているが、これは無色から黄色味の程度を表示したもので、最高はD、以下E、F、G…Zまでの23段階。

このほかに美しさに影響するブラウン色、グレー色の程度がカラーにとって大切な要素となる。以下は色の目安。

 

  • DEF:無色透明
  • GHIJ:ほぼ無色
  • KLM:かすかな黄色
  • N-R:非常に薄い黄色
  • S-Z:薄い黄色

 

 367a29196edad45695db763ffb5e279f_s

透明度(クラリティ)

傷やインクルージョン(内包物)の大きさ・位置・数によって判定される。またその種類、場所、性質がダイヤモンドの耐久性や美しさに影響するため品質判定の大切なポイントとなる。

最高は「FL(Flawless)」、以下「IF(Internally Flawless)」、「VVS(Very Very Slightly)1」「VVS(Very Very Slightly)2」「VS(Very Slightly)1」「VS(Very Slightly)2」「SI(Slightly Included)1」「SI(Slightly Included)2」「I(Imperfection)1」「I(Imperfection)2」「I(Imperfection)3」まで、全部で11段階。

 

  • FL:10倍に拡大しても内部・外部ともに内包物が見つけられない
  • IF:外部には微細なキズが見られるが内部には10倍に拡大しても内包物を見つけられない
  • VVS:10倍の拡大では、内包物の発見が非常に困難
  • VS:10倍の拡大では、内包物の発見が困難
  • SI:10倍の拡大では内包物の発見が比較的容易だが、肉眼では困難
  • I:内包物が肉眼で容易に発見できる

 

 

重さ(カラット)

石の重量。重さの単位。1ctは0.2g。

宝石の大きさを表わす目安として使われている。通常は小数点第2位までないし第3位までで表記する。

 

 

研磨(カット)

カットは形(シェイプ)、面の取り方、輪郭、プロポーション、仕上げという5つの側面を持っている。

唯一人の手が評価される要素。ラウンドブリリアントカットの場合にのみ、カットに対する評価がなされる。

輪郭、プロポーション(形)とフィニッシュ(仕上げ)がダイヤモンドの美しさを左右するため、評価の対象となっている。

総合評価は、「EXCELLENT(EX)」を最高位に、以下「VERY GOOD(VG)」「GOOD(G)」「FAIR(F)」「POOR(P)」までの5段階でなされる。

 

 ec449542a0263b8fcdffb27bf0cc2366_s

色(カラー)、透明度(クラリティ)、重さ(カラット)、研磨(カット)という4Cの基準によって、ダイヤモンドの価値は守られています。

しかしながら、全ての人を納得させるダイヤモンドの評価の方法は、まだありません。

現在使われている4C評価は、あくまでも希少性の評価であるということです。

4C評価を利用しないダイヤモンドの価値としては、実際に見たときの美しさ・輝きで決まるのでしょう。

ダイヤモンドを選ぶときは、ぜひ4Cプラスご自身の感覚を元に、選択してみてくださいね。

 

 

 

引用参考 ダイヤモンド日本ジュエリー協会

関連記事

bluemoon-1815x1940-1-1152x648

知らなければ後悔する 「カラーダイヤモンドの価値」その1

ダイヤモンドといっても、いろいろな価値の違いがあります。 特にカラーダイヤモンドは、その稀少価値に

記事を読む

8078caf375d32252379ffc08a7e0cb58_s

ダイヤモンドの歴史と品質

ダイヤモンドはいったいいつごろ発見されたのでしょうか。 皆さんはご存知ですか? &nbs

記事を読む

a423df7dd78046b7d9b4dfcb143d038f_s

ダイヤモンドが電子材料になる!?

将来、あの美しいダイヤモンドが、電力やエネルギーの材料になるかもしれません。 そう聞くと、とて

記事を読む

yun_2315

価値に影響大?!ダイヤモンドメンテナンスのお話

◆ダイヤモンドは、メンテナンスをしないと価値が落ちる? ダイヤモンドを扱う人が、白い手袋と

記事を読む

ArgylePink

ダイヤモンドをより美しく魅力的に・・・研磨の秘密

ダイヤモンドの研磨について 第二次世界大戦以前までは、ダイヤモンドの研磨工業は、ベルギーのアントワ

記事を読む

0aeb6abd5ca25eedd06ba5d494b43090_s

辞典でのダイヤモンド解説

あなたは「ダイヤモンド」を説明できますか? 多くの人が知っていて当たり前の物質を言葉で説明する

記事を読む

hope

21世紀 ダイヤモンド市場のこれからの展望②

前回のコラムでお伝えしたように、今のダイヤモンド市場は21世紀の新たな仕組みに向け、世界を舞台に歴史

記事を読む

a1530_000137

ダイヤモンドを持っている人は必見、流通経路のポイント

【自然の奇跡 ダイヤモンド】 ダイヤモンドは、いくつかの自然条件が偶然に重なり、奇跡的に生

記事を読む

l201210071400

お忘れではありませんか? SWEET10(TEN)DIAMOND 

思いだしてください。ご結婚されてから、ご多忙な毎日に追われて、あっという間に10年という日々が、過ぎ

記事を読む

a0002_001041

21世紀 ダイヤモンド市場のこれからの展望①

富の象徴とも言われているダイヤモンド、今後の展望を語る前に、まずは今までの歴史を紐解いてみましょう。

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑