*

物質としてのダイヤモンド

公開日: : ダイヤモンドの基礎知識

宝石といえば、真っ先に思いつくのはやはりダイヤモンドですよね。

ジュエリーとして名高いダイヤモンドですが、物質そのものとして、各国データも合わせて確認してみましょう。

 7a86e93f1e15dab4a36b58f3d4d19a9f_s

ダイヤモンド

ダイヤモンド(英語: diamond)は、炭素 の同素体の1つであり、実験で確かめられている中では天然で最も硬い物質です。

日本語で金剛石(こんごうせき)ともいいます。

結晶構造は多くが8面体で、12面体や6面体もある。宝石や研磨材として利用されています。

ダイヤモンドの結晶の原子に不対電子が存在しないため、電気を通しません。

地球内部の非常に高温高圧な環境で生成されるダイヤモンドは定まった形で産出されず、また、角ばっているわけではないですが、そのカットされた宝飾品の形から、菱形、トランプの絵柄(スート)、野球の内野、記号(◇)を指してダイヤモンドとも言われているのです。

 

ダイヤモンドという名前は、ギリシア語の αδάμας(adámas 征服し得ない、屈しない)に由来しています。

イタリア語・スペイン語では diamante(ディアマンテ)、フランス語では diamant(ディアマン)、ポーランド語では diament(ディヤメント)といいます。

ロシア語では Диамант(ヂャマーント)というよりは Алмаз(アルマース)という方が普通でありますが、これは特に磨かれていないダイヤモンド原石のことを指す場合が多いです。磨かれたものについては Бриллиант(ブリリヤーント)で総称されるのが普通です。

 

4月の誕生石でもあり、石言葉は「永遠の絆・純潔・不屈」などです。

 01a5cad05e69886309676e2fd6aa1cdc_s

産出地と地質構造

ダイヤモンドはマントル起源の火成岩であるキンバーライトに含まれます。

キンバーライトの貫入とともにマントルにおける高温・高圧状態の炭素(ダイヤモンド)が地表近くまで一気に移動することでグラファイトへの相転移を起こさなかったと考えられています。

このため、ダイヤモンドの産出地はキンバーライトの認められる地域、すなわち安定陸塊に偏っているのです。

ダイヤモンドの母岩であるキンバーライトは古い地質構造が保存されている場所にしか存在せず、地質構造の新しい日本においてダイヤモンドは産出されないというのが定説とされてきました。

しかし近年、1μm程度の極めて微小な結晶が愛媛県四国中央市産出のかんらん岩から発見されています。

ダイヤモンドは1キロ取り出すために5300トンの自然原料が処理されています。

 

産出量

ダイヤモンドの産出量が多い国(2011年)

2004年時点の総産出量は15600万カラット(以下、USGS Minerals Yearbook 2004)でした。

国別の生産量(単位カラット)を以下に示します(カラットは宝石の質量を表すのに良く用いられる単位で、1カラットは0.2グラムに等しい)。

 

  • ロシア 3560万
  • ボツワナ 3110万
  • コンゴ民主共和国 2800万
  • オーストラリア 2062万
  • 南アフリカ共和国 1445万
  • カナダ 1262万
  • アンゴラ 600万
  • ナミビア 200万
  • 中華人民共和国 121万
  • ガーナ 100万

 fcf88968bbfcb55f32be68a936743399_s

上位6カ国、すなわちロシア (22.8%)、ボツワナ (19.9%)、コンゴ民主共和国 (18.0%)、オーストラリア (13.2%)、南アフリカ共和国 (9.3%)、カナダ (8.1%) だけで、世界シェアの90%を占めています。

 

採掘

ダイヤモンドの採掘は、古くは鉱床の近くの河原などの二次鉱床で母岩から流れ出した鉱石を探し出す方式が主流でありましたが、1867年にオレンジ自由国と英領ケープ植民地との国境付近でダイヤモンドが発見され、その東隣にダイヤモンドの鉱床たる母岩があると地質学者が突き止めたことで方式が変わりました。

その母岩のある地域はキンバリーと名付けられ、母岩を粉砕して大量の岩石を処理し、その中からダイヤモンドの鉱石を探し出す方式が以後主流となりました。

キンバリーの最初の鉱床には、現在ビッグ・ホールと呼ばれる大穴があいており、観光地となっています。

このキンバリーの鉱床の中からデ・ビアス社が産声を上げ、ダイヤモンドの世界市場を支配することとなりました。

1967年には独立したばかりのボツワナ共和国北部のオラパ鉱山において大鉱床が発見され、その後も次々と鉱床が発見されたことでボツワナが世界2位のダイヤモンド生産国となり、その利益によってボツワナは「アフリカの奇跡」と呼ばれる経済成長を遂げることに成功しました。

 

上位6カ国で90%のシェアというのはすごいですね。

ダイヤモンドは世界中で需要があります。

とくに結婚関連で使用されることが多いのは皆さんもご存知ですよね。

ダイヤモンドは世界各国から愛される、ジュエリー界の女王なのです。

 

引用参考 ダイヤモンド

関連記事

8078caf375d32252379ffc08a7e0cb58_s

ダイヤモンドの歴史と品質

ダイヤモンドはいったいいつごろ発見されたのでしょうか。 皆さんはご存知ですか? &nbs

記事を読む

ArgylePink

ダイヤモンドをより美しく魅力的に・・・研磨の秘密

ダイヤモンドの研磨について 第二次世界大戦以前までは、ダイヤモンドの研磨工業は、ベルギーのアントワ

記事を読む

天然ピンクダイヤモンド

世界中で愛されるピンクダイヤモンドの秘密

世界中の女性たちの永遠の憧れ、ダイヤモンド。本来無色透明のダイヤモンドですが、中にはブルーダイヤモン

記事を読む

SWITZERLAND-AUCTION-DIAMOND-FILES

ダイヤモンドの歴史から学ぶ、変化する価値基準の重要性

<時代と共に変化してきた、ダイヤモンドの価値> 美と富の象徴として、女性を中心に多くの人々を魅了し

記事を読む

moussaieffreddiamond

基礎知識として押さえておきたいダイヤモンドの品質を見る4つのポイント

貴方が今お持ちになっているダイヤモンドの本当の価値がどのぐらいか、ご存知でしょうか。

記事を読む

yun_2315

価値に影響大?!ダイヤモンドメンテナンスのお話

◆ダイヤモンドは、メンテナンスをしないと価値が落ちる? ダイヤモンドを扱う人が、白い手袋と

記事を読む

a0001_016493

ダイヤモンド、本物偽物のお話(その2)

簡単な鑑別方法として   1、よく見てみれば・・・ 「本物、偽ダイヤ。輝きの違い

記事を読む

hope

21世紀 ダイヤモンド市場のこれからの展望②

前回のコラムでお伝えしたように、今のダイヤモンド市場は21世紀の新たな仕組みに向け、世界を舞台に歴史

記事を読む

bluemoon-1815x1940-1-1152x648

知らなければ後悔する 「カラーダイヤモンドの価値」その1

ダイヤモンドといっても、いろいろな価値の違いがあります。 特にカラーダイヤモンドは、その稀少価値に

記事を読む

a423df7dd78046b7d9b4dfcb143d038f_s

ダイヤモンドが電子材料になる!?

将来、あの美しいダイヤモンドが、電力やエネルギーの材料になるかもしれません。 そう聞くと、とて

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑