*

貴金属について

公開日: : まめ知識

アクセサリーに必要なものは、宝石はもちろんですが、貴金属も大切ですよね。

貴金属、ときいてしまうと想像しにくいかもしれませんが、例えば留め金だったり、ネックレスの宝石以外の部分の金属のことです。

c139a97cfd0a3bcf28f7c82622f8db4f_s

貴金属とは

一般に、金(Au)、銀(Ag)と、プラチナの仲間である白金族の6種類、プラチナ(Pt)、パラジウム(Pd)、ロジウム(Rh)、ルテニウム(Ru)、オスミウム(Os)、イリジウム(Ir)の合計8種類を貴金属と称しています。

希少であり、加工性がよく、化学的に安定していることなどが貴金属といわれる所以です。

貴金属のうち、金、銀、プラチナは、主材料としてジュエリーに用います。パラジウム、イリジウム、ルテニウムは割り金(わりがね)としてジュエリーの素材に用います。ロジウムは、めっきの材料として重要です。オスミウムは、現在ではジュエリーにもめっきにも用いません。

 

金、ゴールド、Au

ジュエリーではK18として使われることが多く、イエローゴールドは定番の貴金属です。割り金によりイエロー、ピンク、ホワイト、グリーンなどの色調ができ、ホワイトゴールドはプラチナより軽くて安価でもあるためよく使われるようになりました。

 

銀、シルバー、Ag

カジュアルにも好まれる貴金属で、硫化により黒く変色しますが磨き直しもできます。また、いぶしの古美色も楽しめます。加工製品は品位925が多く、銅のみを混ぜた合金をスターリングシルバーと呼び、特に時効硬化に優れ925の中でも区別されます。

 

プラチナ、白金、Pt

日本名は白金(はっきん)といいます(ホワイトゴールドは白色金です)。ブライダルジュエリーの素材として高い人気があります。純プラチナは軟らかく、僅かに硬化剤を加えたハードプラチナも開発されています。

 

パラジウム、Pd

近年注目され始めたプラチナ族に属する白色金属で、プラチナより安価でより軽いという特徴があります。その特性から、ボリュームのあるデザインの製品もあります。

 

ジュエリーに貴金属を用いる理由

貴重な宝石を飾るために貴金属を用いるのは、その希少性により資産価値、財産性をさらに高めるためです。

また、大事な宝石を守りデザイン性を高める加工性が大変よく宝石とよくなじみます。化学的に腐蝕などに対する耐久性があり、長く使用することができます。

何よりも、金や銀の色がすばらしく、身につけたときに華やかさを演出します。さらに、プラチナには色調も重厚感も人をひきつける力があります。

このような特徴を、審美性といいます。

33f24db474fa80f6aab8d30d72fbc814_s

貴金属の品位

貴金属合金の中の主たる金属の純度を品位といいます。また含有率ともいいます。

貴金属の場合、品位はISO(国際標準規格)やJIS(日本工業規格)により千分率で表すことになっています。

しかし、金はカラット表示という24分率で表す習慣が残っています。これは他の貴金属では用いず、金特有の表示方法です。

千分率の表示はたとえば、金は750、プラチナはPt900などと表します。千分率の記号は、‰です。これを、パーミルと読みます。

では、なぜわざわざ900や750の合金にして品位を下げるのでしょうか。それは、素材の物理的特性や加工性の改善が第一の理由です。

純金、純銀、純プラチナは軟らかいため、特に石留め用の爪には不十分なため、他の金属を添加して硬い合金を作ります。

その時、次項に説明するような品位区分にします。

さらに、例えば金の品位を、Au750(K18)や、Au585(K14)に設定すると、純金よりも素材価格を安くすることができ、求めやすい製品が供給できるという長所があります。

 

品位の区分

貴金属合金の品位は古くより一定の基準を設け、製造や商取引が円滑に行えるようにしました。それを、品位区分といいます。

品位区分の基準はいくつかありますが、基本的にISO(国際標準規格)と、それに準拠したJIS(日本工業規格)があります。

その他に、造幣局が品位証明を行う品位区分や、業界で習慣的に用いている品位区分があります。

 

割り金(わりがね)の種類

貴金属を目的の品位にし、硬さや加工性を調整し、色調を作るために添加する金属を割り金といいます。

金合金の代表的な割り金は、銀、銅、パラジウム、ニッケル、亜鉛などです。銀では、銅やパラジウムなどがあります。

プラチナでは、パラジウム、ルテニウム、イリジウムなどの白金族のほか、銅、コバルトなどがあります。

これらのほかに、特殊な特徴や用途の貴金属合金を作るために、タングステン、チタン、アルミニウムなどの金属も微量に用いられ、新素材を開発するためにさまざまな金属の研究が続けられています。

ホワイトゴールド(白色金)の白色を作るための主な割り金は、パラジウムとニッケルです。

816f25ef5f508441e1b83c103a7a5330_s

貴金属の相場価格

貴金属の価格は、東京、香港、チューリッヒ、ロンドン、ニューヨークなど時間を追って世界を回っている、国際市場の取引価格が基本になっています。

大手の貴金属商が決定した価格を、他の国内業者も参考にしますので、国内では大体同じ貴金属相場価格が発表されます。

相場が激しく動くときは、1日のうちで何度も価格が変わることがあります。

 

アクセサリーは宝石と同様に貴金属部分も丁寧に扱うようにしましょうね。

 

引用参考:日本ジュエリー協会

 

関連記事

5819a9a4aa44129c7c8db35adb3247fa_s

ダイヤモンド類似石6

キュービックジルコニアはご存知ですか? 現在、ダイヤモンド風の宝石として浸透してきていますが、

記事を読む

773d6822faec694c1b30bdb60c0d1fe5_s

天然宝石の魅力3

宝石といえばダイヤモンド、といったイメージが強いですが、他の宝石もたくさんありますよね。 ダイ

記事を読む

image-09866

『ルパン三世』― ダイヤモンドは永遠に!

稀代の怪盗-アルセーヌ・ルパンを祖父に持ち、狙った獲物は逃がさない神出鬼没の大泥棒!女には甘くおっち

記事を読む

89caeaf0a9f245312b1c72bad36caf24_s

有名な宝石ダイヤモンド1

ダイヤモンドという宝石は、もちろん皆さんご存知かと思います。 では、その中でも有名なダイヤモン

記事を読む

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

やさしいダイヤモンド

ダイヤモンドは、大きさはともかく比較的身近にある宝石ですよね。 冠婚葬祭用に、パールを持ってい

記事を読む

ed9b9ad4726211c12076b0e8a661f551_s

宝石知識

誕生石や星座石などの単語を聞いたことはありますか? 誕生石はアクセサリーショップなどでもよく提

記事を読む

071e98b8d418874958e50c69a841d61e_s

ダイヤモンド類似石5

本物のダイヤモンドと偽物のダイヤモンド、見比べてみてください。 友人たちとどちらが本物なのか言

記事を読む

19863f72812526d662718592c565e36e_s

誕生石の逸話:9月~12月

誕生石にはひとつひとつ物語や人々の思いが込められています。   1月の誕生石は

記事を読む

7fe761e5f53734556095fe95631e31b5_s

ダイヤモンド類似石4

ダイヤモンド類似石の技術は、近年に近づくにつれ、科学の発展もあり当然精度は上がっています。 も

記事を読む

04f20ea384ef422bf3f627a7f7844fa7_s

ジュエリーお手入れ方法

ジュエリーアクセサリーのお手入れ、きちんと行っていますか? 日々身に付けるアクセサリーは、皮脂

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑