*

腕時計について

公開日: : まめ知識

腕時計はお持ちでしょうか?

腕時計とは、ベルトによって手首に巻くことで携帯できる時計のことです。

アルバイトを含め、働いている方は持っていることが多そうですね。

最近の流行は文字盤がわりと大ぶりのタイプでしょうか。

カジュアルに使えるので良いですよね。

さて、そんな腕時計にも宝石がついているものがあります。

見たことはありますか?

文字盤周辺にダイヤモンドや誕生石が埋め込まれているものが多いですね。

ffe8fb465c082b69f08eb6f37c29ba35_s

腕時計の概要

ベルト(帯、バンド)に時計本体が結合・固定され、これを手首に巻いた状態で携帯でき、かつ視認できる小型の時計です。

 

英語では懐中時計(英語: pocketwatch)も含んでウォッチ(英語: watch)、あるいは特に区別する場合はリストウォッチ(英語: wristwatch)と言います。

日本語では「時計」で総称されていますが、英語ではこれら以外の置時計や掛時計といった身につけない時計はクロック(英語: clock)であり、日本でも業界ではもっぱらこの英語における分類に準じて扱われています。

 

19世紀以降、携帯用の時計として一般的であった懐中時計は、時刻を読もうとするたびにわざわざポケットから取り出す(場合によってはさらに、風防ガラスを保護するための金属製の蓋を開ける)時間のかかる動作をしなければならなかったのですが、手首に巻いておけば、即座に時刻を読み取れるという利便性があります。

また行動中に懐中時計を視認する場合、手のひらに持って視認する必要があり、時間確認の間は時計を持った手がふさがってしまいますが、手首に巻いておけば視認の動作は一瞬であり、いつでも両手の手・指が全部使えます。

ただし、邪魔にならないような形で腕に時計を巻きつけるためには、時計を充分に小型化する必要があり、それは決して容易ではありませんでした。

懐中時計に代わって本格的な普及が始まったのは20世紀に入ってからなのです。

0e2b06d29f83960093f31d02f2ea6fd8_s

当初は先行した懐中時計同様、ぜんまいばねを動力源とし、ヒゲゼンマイ・天符・ガンギ車・アンクルなどから成る脱進機を計時機構とする機械式時計でした。

機械式腕時計は、懐中時計の生産で先行したスイスなどの国々が世界的な市場を占有し、1970年代までの主流でした。

 

これに対し、1960年代に腕時計として実用化された水晶発振計時のクォーツ式は、より高精度であり、また日本のメーカーの活動によって短期間で比較的安価に量産が可能となったことから、以降は圧倒的に多く普及することになりました。

21世紀初頭現在でも、大衆向けの実用腕時計の駆動方式はクォーツ式が一般的で主流です。

ただし、旧来のぜんまい動力で動く機械式時計は、製造に手間がかかり製造コストが高く、結果としてわざわざ機械式を用いることは「希少性」を感じさせるので、現在では主として(実用性を主眼としない)「高級価格帯の製品」の機構として用いられています。

なお、世界的には電池入手が容易でないなどの理由から機械式の腕時計が専ら用いられている地域も存在しています。

 

最初は単に時刻を示す機能しかなかったのですが、その後さまざまな機能を付加させる試みが行われました。

例えば、ストップウォッチ機能の付加(「クロノグラフ」)、月齢や潮の満ち干を表示するもの、等々です。

防水性を高める努力も行われ、ついには潜水用の腕時計も登場しました(「ダイバーズウォッチ」)。

 

使う人により、どのような意図で腕時計を用いるかは異なります。

時刻や時間を知るために用いるのが基本ではありますが、たとえば登山家・ダイバー・スポーツマンなどのためのモデルは、単なる時刻・時間の表示機能の他に高度な耐候性・耐久性・付加機能の付いた実用品です。

他人に見てもらうためのファッション(服飾)アイテム、一種の装身具として用いる人もいます。

de43ced4f326a6a8a16301f7d5eb35e1_s

時代が進むにつれ腕時計の大衆化と必需品化が進行し、20世紀末期には、先進国で職業を持つ人々の多くが腕時計をつけているような状況でした。

近年では時計機能を内蔵した携帯電話やスマートフォンが普及したことで、携帯できる時計の機能はそれで済ませ、腕時計を着用しない人が増え、販売数は減少傾向にあります。

 

スマートフォンの普及は大きな影響がありますよね。

携帯やスマートフォンは様々な機能がありますから、連絡を取りながら、あるいは何かを調べながら、遊びながら、気軽に時間を確認できるツールのひとつとなっています。

もちろん腕時計もツールのひとつですよね。

ファッションに合わせた腕時計や、宝石の付いた特別な腕時計など、+αの要素がある腕時計のシェアはまだまだありそうです。

 

引用参考:腕時計

 

関連記事

e1e638e0585064dd1a988ab2a79009d4_s

天然宝石の魅力

ダイヤモンドは一部を除いて無色透明ですが、宝石にはさまざまな色がありますよね。 それらはカラー

記事を読む

emerald-1137413_640

宝石の処理について その3

宝石の見た目を向上させる処理、「コンビネーション処理」や「表面コーティング」をご紹介しました

記事を読む

45330c74531d3fa2ba2a8953112aff90_s

宝石の分類

皆さんはどんな宝石をお持ちでしょうか。 ダイヤモンド、ルビー、サファイア。 パワーストー

記事を読む

f48700dff9a84ef254ad33876ca299a8_s

ネックレスについて

アクセサリーと聞いて思い浮かぶものは、どのような形でしょうか。 指輪やネックレス、イヤリング(

記事を読む

diamond-316611_640

レアなカラーダイヤモンドの種類

レアカラーダイヤモンド レアなカラーダイヤモンドの中には「バイカラーダイヤモンド(Bico

記事を読む

7b3956a1a4ea10e48a39122902d6bd96_s

ダイヤモンドフォルム              バレンタインチョコレート

バレンタインが近づいてきましたね。 もうチョコレートは用意しましたか? あるいは、用意さ

記事を読む

24fc3f662caf4ff0bdd7f61947be8baa_s

あなたならどうする?!ダイヤモンド売却の基本

◆もしも貴方が手持ちのダイヤモンドを売却したいと思ったら... 今、あなたの手元で輝いているダイヤ

記事を読む

b7590a5a21f88c618835b447099b1c06_s

ダイヤモンドと結婚式2

結婚の象徴になることの多いダイヤモンドという宝石。 大ぶりのダイヤモンドのイメージがある婚約指

記事を読む

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s

ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありません。 天然の鉱物もダイヤ

記事を読む

d1888ae26f8bfdeaa2972552e2e74708_s

あなたは大丈夫?!ダイヤモンド詐欺のお話

ダイヤモンドの美しい輝きは、気分を上げてくれたり、疲れを癒してくれたりと、魔法のような力を持っていま

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑