*

有名な宝石たち

公開日: : まめ知識

世界にはたくさんの宝石が存在しています。

そのたくさんの宝石の中でも、大きさや歴史的エピソードなどによって有名となった宝石を一部ご紹介します。

d8a8c930de9cb38af904a7d35a1f72c0_s

エメラルド

・イサベル女王

964carat (193 g)。

1519年にエルナン・コルテスがアステカのテスココ宮殿より奪取したエメラルド。

緑柱石の結晶形である六角柱そのままの形をしています。

1504年に崩御したイサベル1世 (カスティーリャ女王)にちなんで名付けられました。

1756年にスペインへの輸送中海難事故に遭い水没したが、1993年にフロリダ沖の沈船で再発見され、引き上げられました。

 

・トラピチェ・エメラルド

一見スターに見まがう黒い筋の6本入ったエメラルド。

その形状が、中南米でサトウキビを絞る圧縮器 (Trapiche) の車軸に似ていることから、この名がつきました。

当初コロンビアのムソー鉱山にのみ稀産しましたが、その後、品質は良くないもののブラジル、マダガスカルなどで発見が相次ぎました。

トラピチェ自体が希少で、なおかつ宝石にできる上質の石はその数少ない石の中でも極めて限られているため非常に高価です。

宝石としてジュエリーにされることは少なく、裸石のまま鉱物収集家のコレクターズ・アイテムとして取引されています。

なお、トラピチェ・タイプの石はエメラルド以外にもあることが知られていますが、ある程度の人気や知名度があるのはエメラルドだけです。

通常、緑柱石は六方晶系ですが、トラピチェエメラルドの場合三方晶系となっており、それが双晶を作り六角形となっていると言われています。

 

サファイア

・インドの星

536.35カラット、世界最大のサファイア。

 

・カシミール・サファイア

コーンフラワー・ブルー、ベルベット・ブルーなどと形容される、上質な濃青色を呈するサファイア。

インドのカシミール地方に産しましたが、数年で枯渇したため、今では稀に中古品が出る以外市場に出回ることがなく、幻のサファイアといわれています。

 

・パパラチア・サファイア

ルイ14世の大ブルー・サファイア

135.8カラット

 

ルビー

・ビーフ・ブラッド beef blood

牛の血を意味する濃赤色のルビー。タイ王国産。

 

・ピジョン・ブラッド pigeon blood

鳩の血を意味する最高品質の赤を呈するルビー。

現在のところ、ミャンマーのモゴク鉱山でしか産しません。

1d2d72f7db9ec2efc2e53afe6ada1f26_s

その他貴石

・スミソニアン・アレキサンドライト

65.08カラット。世界最大のアレキサンドライト。

スミソニアン国立自然史博物館所蔵。

 

・女王のオパール

女王エリザベス2世に贈られたアンダムーカ産のオパール。

 

・血赤珊瑚

アカサンゴ Corallium japonicum のうち、血のような濃赤色の石を云います。

 

・オックス・ブラッド ox blood

特に黒味がかったアカサンゴ。大変希少価値が高いです。

 

・南洋真珠

シロチョウガイ Pinctada maxima Jameson から産する真珠。

主としてオーストラリア、インドネシア、フィリピンなど、日本から見た南洋にあたる地域で養殖されています。

 

・翠玉白菜

白菜の上に載る二匹の昆虫(キリギリス、イナゴ)を彫った硬玉。

ヒスイ彫刻の最高傑作と評価されています。国立故宮博物院(台北)蔵。

 

・琅玕(ろうかん)

硬玉のうち、透明度が高く緑色が濃い石をいいます

46cf148bcb471e48168b04dcba5010f8_s

半貴石

・デリーの紫サファイア

大英自然史博物館蔵。「呪われたアメジスト」として有名。

「サファイア」と通称がつけられているが、アメジストです。

 

・黒太子のルビー

大英帝国王冠に飾られているスピネル。

長い間ルビーと信じられていました。

 

・サマリアン・スピネル

世界最大のスピネル。

 

・アメリカン・ゴールデン・トパーズ

カッティングされた巨大なイエロートパーズ、重量約23000カラット (4.6 kg)。

 

・インペリアル・トパーズ

本来は、トパーズの中でもシェリーカラー(黄褐色から橙褐色;橙 – 黄 – 褐)のOH-タイプ、ブラジル産トパーズの名称でした。

黄水晶の商業名としてシトリン・トパーズという言葉が広まったため、黄水晶ではない本来のトパーズに対して色調など関係なく使われるようになりました。

 

・ウォーター・メロン

球殻状の構造を有しており、内側が赤もしくは赤紫、外皮は緑又は青緑になるバイ・カラーのトルマリン。

色の取り合わせがスイカに似るのでこの名で呼ばれています。

 

・パライバ・トルマリン

銅イオンの発色によるネオンブルーやネオングリーンが特徴的なトルマリン。

ブラジルのパライバ鉱山産であるところからこの名が付きました。

採掘されたのが1988-89年のわずかな期間のみで、以降は途絶したため、現在市場で流れているのは中古品と、わずかに当時から保管されていた在庫のみであるため非常に高額です。

カラット単位の単価が最も高額な宝石といわれています。

 

まだまだ有名な宝石はたくさんあります。

次回はダイヤモンドについて取り上げますね。

 

引用参考:有名な宝石一覧

関連記事

laboratory-1009178_640

合成宝石素材入門

合成宝石とはその名の通り、研究所で人工的に合成製造される宝石素材のことを指します。合成宝石と

記事を読む

8f0a1acc92ab031607a89d8411d098f1_s

結婚記念日の名前

ダイヤモンド婚式、という言葉を聞いたことはありますか? 実は結婚記念日のひとつなのです。

記事を読む

faf53c7268ac088355f1924bf84e9a0e_s

カラーダイヤモンドの歴史

世界初のダイヤモンドのカラーグレーディングシステムは、6世紀インドまでさかのぼります。このシステム

記事を読む

emerald-1137413_640

宝石の処理について その3

宝石の見た目を向上させる処理、「コンビネーション処理」や「表面コーティング」をご紹介しました

記事を読む

diamond-316611_640

レアなカラーダイヤモンドの種類

レアカラーダイヤモンド レアなカラーダイヤモンドの中には「バイカラーダイヤモンド(Bico

記事を読む

diamond-1922582_640

カラーダイヤモンドのグレーディング その2

色が混ざっている場合のグレーディング 二つ以上の色相が混ざっているカラーダイヤモンドの場合は、

記事を読む

f48700dff9a84ef254ad33876ca299a8_s

ネックレスについて

アクセサリーと聞いて思い浮かぶものは、どのような形でしょうか。 指輪やネックレス、イヤリング(

記事を読む

41020-01-640

「ホープ・ダイヤモンド」の伝説

「ホープ・ダイヤモンド」の伝説をご存知でしょうか? 宝石がお好きな方なら一度は耳にしたことが

記事を読む

colorful-665694_640

カラーダイヤモンドのグレーディング

GIAの基準では、マスターストーンとの比較やマンセルのカラーチャート(※マンセル表色系をご参

記事を読む

87f4e6679ba4a29c21e03f17cbacc87e_s

あなたに合う指輪の位置

ダイヤモンドを身に付けるとき、多くの方はアクセサリーとしてお持ちかと思います。 ネックレス、指

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑