*

誕生石について

公開日: : まめ知識

「誕生石」はご存知でしょうか?

アクセサリーショップなどではよく見かける名称かと思います。

では、自身の誕生石はご存知でしょうか?

あるいは、その誕生石の由来などは聞いたことはありますか?

a7bb875ca34daef077c3094bb09c03cc_s

誕生石(たんじょうせき)は、1月から12月までの各月に因む宝石のことです。

1月1日から12月31日までの各日に因む宝石もありますが、こちらは誕生日石と呼ぶことが多いです。

 

概要

今日の誕生石は1912年にアメリカ合衆国の宝石商組合(現在のジュエラー・オブ・アメリカ(英語版))で定められたものを基にして、1952年にアメリカ宝石小売商組合など複数の団体によって改訂されたものが基準となっています。

誕生石の種類は国によって若干の違いがあります。

日本では1958年に全国宝石卸商協同組合が制定した誕生石が古く、サンゴ(3月)・ヒスイ(5月)が追加されています。

イギリス・フランスでは、水晶(4月)・カーネリアン(7月)が追加されています。

実際の誕生石の由来や加護の是非に全く関係なく、宝石商たちの販売戦略に深く関わりがあることがほとんどです。

 

起源

誕生石の起源には占星術や地域説などの諸説がありますが、明確に文書として残っているものにそれぞれの聖書があります。

 

旧約聖書の出エジプト記28章17 – 21節には裁きの胸当てにはめる12個の貴石の記述があります。

ヘブル語では、

 

第一列 odem(オデム) pi’tdah(ピトダー) bareqet(バーレケト)

第二列 nofeq(ノーフェク) sappir( サピール) yahalom(ヤハローム)

第三列 leshem (レシェム) shebo(シェボー) ‘ahiamah(アヒアマー)

第四列 tarshish(タルシシュ) shoham(ショハム) yashfeh(ヤーシュフェー )

 

となっていますが、それぞれの石は翻訳によって異なり一義的には決まっていないのです。

 

新共同訳、口語訳ではそれぞれ以下のように記されています。

 

第一列 ルビー トパーズ エメラルド

第二列 ガーネット サファイア ジャスパー

第三列 オパール めのう アメジスト

第四列 アクアマリン ラピスラズリ 碧玉

— 新共同訳

 

第一列 赤玉髄 貴かんらん石 水晶

第二列 ざくろ石 るり 赤しまめのう

第三列 黄水晶 めのう 紫水晶

第四列 黄碧玉 縞めのう 碧玉

— 口語訳

 

12の貴石にはそれぞれ支族の名を彫るように指示されており、訳としてオデムをルビー、サピールをサファイヤ、ヤハロームをダイヤモンドとしているものがありますが、これらの宝石は硬度が高くて彫刻は困難です。

新約聖書に記されているエルサレムの城壁の土台石に飾られている宝石に因むという説がクリスチャン人口の多いアメリカならではの有力な説です。

094c1c7f6491479cfd5ccaae7c2e3ee7_s

各月の誕生石

複数の誕生石がある月もあります。

 

1月

・ガーネット(柘榴石)

 

2月

・アメシスト(紫水晶)

 

3月

・アクアマリン(藍玉)

・コーラル(珊瑚)

・ブラッドストーン(血玉、血玉髄)

 

4月

・ダイヤモンド(金剛石)

・クォーツ(水晶)

 

5月

・エメラルド(翠玉、緑玉)

・ヒスイ(翡翠)

 

6月

・パール(真珠)

・ムーンストーン(月長石)

 

7月

・ルビー(紅玉)

・カーネリアン(紅玉髄)

 

8月

・ペリドット(橄欖石)

・サードニックス(紅縞瑪瑙)

 

9月

・サファイア(青玉)

・アイオライト(菫青石)

 

10月

・オパール(蛋白石)

・トルマリン(電気石)

・ローズクォーツ(紅水晶)

 

11月

・トパーズ(黄玉)

・シトリン(黄水晶)

・ゴールデンサファイア

 

12月

・ターコイズ(トルコ石)

・ブルージルコン(風信子石)

・タンザナイト(灰簾石)

・ラピスラズリ(瑠璃)

 

誕生石は効能を確約するためのものではなく、あくまでも付随する設定のようなものです。

しかしながら、それが必ずしも悪いことであるとは言えません。

アクセサリーや宝石を誰かへプレゼントする際や、自分へのご褒美など、「購入しよう」と考えたときにひとつの目安になります。

とくにプレゼント品はなかなか難しいですから、定番のダイヤモンドか誕生石に因んでいると購入しやすいですよね。

ご自身で購入される場合は、ぜひお気に入りを見つけてください。

 

引用参考:誕生石

 

関連記事

f57e8e78f726f9422dd51b91cb2f2b0d_s

模倣宝石4

宝石には、ダイヤモンドやルビーをはじめ、さまざまな種類があります。 同時に、その偽物もさまざま

記事を読む

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

やさしいダイヤモンド

ダイヤモンドは、大きさはともかく比較的身近にある宝石ですよね。 冠婚葬祭用に、パールを持ってい

記事を読む

013ac81ab4eb6cf8af74e554eee712d3_s

イヤリングについて

イヤリングは装飾品として女性がよく使用する印象ですね。 イヤリングやピアスの素材は様々です。

記事を読む

147d1eff9fdf37fa3a4c023bb3136d34_s

アンクレットについて

アンクレットという装飾品を実際に持っている方はそう多くないと思います。 ネックレスや指輪ほど定

記事を読む

8f0a1acc92ab031607a89d8411d098f1_s

結婚記念日の名前

ダイヤモンド婚式、という言葉を聞いたことはありますか? 実は結婚記念日のひとつなのです。

記事を読む

a98a3b0c2860d4d9cd505297ac8222f7_s

ダイヤモンドはどちらに使う?

ダイヤモンドは婚約指輪と結婚指輪、どちらに使用することが多いのでしょうか。 思い描くと、婚約指

記事を読む

5819a9a4aa44129c7c8db35adb3247fa_s

ダイヤモンド類似石6

キュービックジルコニアはご存知ですか? 現在、ダイヤモンド風の宝石として浸透してきていますが、

記事を読む

emerald-1137413_640

宝石の処理について その3

宝石の見た目を向上させる処理、「コンビネーション処理」や「表面コーティング」をご紹介しました

記事を読む

3dc449b75447083c9f6fb55563a33d41_s

ダイヤモンド類似石3

ダイヤモンドの偽物、あなたは肉眼で見抜けますか? もちろん、あきらかな偽物は皆さんもきっとわか

記事を読む

2ae4bf805a7244f0e4b294a358958204_s

ブレスレットについて

ブレスレットは指輪やネックレスと比べると、もしかしたら馴染みがないアクセサリーかもしれません。

記事を読む

47271f141aaec7250451b9cd1884561c_s
ダイヤモンドの物理的特性

ダイヤモンドは、ただ美しいだけではありません。 今回は、ダイヤモ

38ffad063989d1d70a2016a657ce879d_s
ダイヤモンドについて

皆さんはダイヤモンドという宝石について、どのようなことを知っていますか

b6d22282e8e42e51b219a3a04a5ee118_s
4Cについて

ダイヤモンドの品質には国際基準があります。 皆さんはご存知でしょ

fb9c490445f125774c7ef1b969c8d85f_s
ダイヤモンド類似石・カラーダイヤモンド

ダイヤモンドには、カラーダイヤモンドという種類があります。 これ

60405cfebae157fc0fb45866299ee78b_s
ダイヤモンド類似石・天然鉱物

ダイヤモンドの類似石と呼ばれるのは、加工されているものだけではありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑